岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

集合修習体験談1

実務修習が終わると、A班は集合修習、B班は選択修習になります。
そして、A班が集合修習を、B班が選択修習を終わると、交代して、A班が選択修習に行き、B班が集合修習ということになります。

これらが終わると二回試験です。

集合修習のタイミングと二回試験

B班の場合、集合修習からすぐに二回試験となるので、有利と言われています
一方、A班は、集合修習から2か月後に二回試験なので、起案の感覚を忘れてしまったり、遊んで勉強不足になったり、ということがあるそうです。

ただ、私が受けた感想ですが、どちらの班にもメリットデメリットはあると思います。

集合修習を先に受ける場合

A班のデメリットは、二か月後に二回試験ということです。
しかし、2か月間集合修習の復習ができる、準備対策ができると考えれば、メリットになります。

私は、こちらのほうがよかったです。
集合修習で足りない点を見つけることができたので、それを埋めるという期間がほしかったです。

集合修習を後に受ける場合

他方、B班ですが、こちらのメリットは、前述したように、起案の感覚を忘れることなく、二回試験に突入できることです。
デメリットは、集合修習から二回試験まで数日しかないため、集合修習の復習ができないということです。

ただ、B班にはもう一つメリットがあるといわれています。
あくまで噂レベルですが、二回試験に出るところをピンポイントでやる、教官が二回試験について情報をくれるということです(正直、噂レベル?とは思いますが)。

そのため、A班の方々は、B班が何をやったのか、どのような論点をやったのかなど、B班の情報を入手するといいと思います。
私は、かなり集めていました(その甲斐あって、論点をいくつもあてました)。

集合修習の大変さ

さて、私はA班だったので、実務修習を終えて、いよいよ集合修習です。
これが、一番しんどかったです。

9時50分から、16時30分過ぎまで、司法研修所に缶詰めです。しかも座学です。
子供のころから大学生まで、授業は寝てしまうか、さぼっていたので、座学は本当にきつかったです。

また、以前にもお伝えしましたが、司法研修所は、埼玉県和光市にあります。
最寄駅は、和光市駅です。最寄りといっても、歩いて30分かかりますが。

1日座学というのもきついですが、司法研修所に通うのも大変です。
バスは混みますし、歩くと、30分かかります。しかも、真夏です。
ついた時には汗だくという状態です。
人によっては、着替えを持って行っている人もいました。

歩くとわかりますが、自転車とぶつかりそうになるのは日常茶飯事です。
自転車が歩道を走るのは当たり前、人が自転車をよけて当たり前、という感じでかなりのスピードを出して、自転車が通ります。
しかも、かなりの台数が。
そのため、歩く場合は自転車に気を付けてください。

さらに、司法研修所の周りには、コンビニがあるぐらいで何もないです。
特に入寮した方は、食事の面で苦労したと聞きました。

寮ですが、集合修習では希望すると、全員入寮できるそうです。

いよいよ、二回試験がちらついてきて、二回試験についての話題が自然と多くなります
この集合修習は、ある程度、ちゃんとやったほうがいいと思います。
導入修習、実務修習もちゃんとやるべきなのですが、集合修習は、二回試験に直結するため、特にちゃんとやったほうがいいと思います。

集合修習は起案の日々

集合修習では何をするのかというと、中心は、起案です。
起案をしてその解説、というのが多いです。
それ以外のこともしますがね。

起案ですが、まず科目は5科目あります。
刑事裁判、検察、刑事弁護、民事裁判、民事弁護です。刑事3科目、民事2科目ですね。

そして、各科目2回ずつ起案があります。つまり、全部で10通書くことになります。
これが意外と大変なんです。

集合修習が始まって、3日目ぐらいから起案の連続で、土日を挟んでですが、5日間連続で起案があったのを覚えています。
初日、2日目も、フルではないですが、起案したような気がします。

 

さて、このように始まった集合修習ですが、次回からその中身に入っていきたいと思います。

 

★☆★☆23のポイントで分かる!試験形式別・勉強計画(予備試験編)☆★☆★
僕が実践した、勉強計画の立て方、そして、各試験にむけてやるべきことをシンプルにまとめました。 1コインで学べますので、気になる方は是非ご覧ください。
>

★☆★☆試験に受かる勉強法を習得したい方向け☆★☆★
本ブログでも勉強法について語っていますが、
資格スクエアでは勉強法だけを10時間みっちり教えている講座があります。
講師の方は、大学時代に勉強法研究に目覚め、
その後、公認会計士試験⇒予備試験⇒司法試験に突破された、勉強法マニアの方です。
5400円という飲み会一回分の値段で、正しい勉強法が勉強できるのはすごいです。
難関試験の一発突破術はこちら

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top