岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

家のインフラの重要性

早いもので、弁護士となって、1か月が過ぎようとしています。

修習ってよかったなと思っています。
めんどくさい、めんどくさいと思っていましたが、戻れるならば、修習生もう一回やってもいいかなと思っています。
起案や二回試験も頑張るので、もう一回やってもいいなと思います。

弁護士と修習の違い

やはり、修習の時とは忙しさが違いますね
修習の時であれば、9時30分に登庁し、17時には帰り、18時前には自宅につくという生活でしたが、今は、一転しました。

ちなみに、私は、修習の時、飲み会があるとき以外は、17時以降残ったことがないです。
17時になったらそそくさと帰っていました。
16時45分過ぎ頃から、帰りの支度を初めて、17時にはドアを出るという感じでした。

そんなだらけた生活から一変したわけです。
アルバイトをしたことはありますが、初めての社会人生活です。
不安ばかりですが、頑張っていこうと思います!

家のインフラは整えておこう

そして、働き始めて感じたのは、働き始める前にインフラは整えておくべきだなという事です。

何があったかというとですね、引っ越しをしたのが、勤務初日の二日前でした。
しかも、前日は実家に泊まっていたので、そこから出勤となったわけです。

つまり、荷物を運んだはいいが、住み始めるのは、勤務初日からだったわけです。
まず、これがミスでしたね。荷物が開けられないんですよ。
仕事後に、荷解きをするかというと、そんな気は起きないわけで、家に帰る→即寝るという生活でした。
となると、荷物は段ボールに入ったままです。段ボールの中で生活をしていたという事です。

そして、最大のミスは、ガスを通していなかったこと、洗濯機がなかったことです。

冷蔵庫がなくても、コンビニが冷蔵庫みたいなものなので、それはどうにかなりましたが、ガスと洗濯機は必要ですね。
ガスが通っていないので、風呂に入れないんです。

近くのスポーツジムでシャワーを浴びることは出来ましたが、毎回、ジムに行かなければいけないのが、思っていた以上にきつかったです。
当初は、ジムに行けばいいだけじゃんと思っていたのですが、間違いでしたね。
ジムで運動したくない日も、とりあえず、シャワーを浴びなければいけないので、行かざるを得ないというのが思った以上にしんどかったですね。

それに、何をするにも冷たい水ですから、それも堪えました。
さらに、洗濯機がないのも、きついですね。
洗濯物が、想像以上にたまっていくわけです。
近くにクリーニング屋さんはありますが、クリーニング屋さんがやっている間に家に帰ることはまずないですから、出せないですし、出せたとしても、下着類は洗わざるを得ません。

私は、コインランドリーくらいあるだろうと思っていたのですが、予想に反してなくて、困りました。
手洗いも考えましたが、疲れて帰ってきて、そんな気は起きませんよね。
ましてや、お湯はでないですし。

ガスの偉大さ

結局どうしたかというと、段ボールは処理できましたし、ガスの方は、週末に通しました。
ガスってすごいなと思いました。

洗濯の方は、週末に実家に戻りやりました。
そして、現在も洗濯機はないです。
そのため、お風呂のお湯で、手洗いしています。
ガスが通っていなかったときに比べたら、格段にいい生活ですから、手洗いくらい、苦には思えないです。

これから新生活が始まるという方がおられましたら、生活に必要なものは、予めきちんと用意しておいた方がいいと思います

部屋の様子

ちなみに、部屋の様子ですが、カーテン、机、いす、冷蔵庫なしの生活です。
部屋がそれなりの広さがあるため、なにもないとなるとさびしいですね。
がらーんとした部屋です。

何があるかというと、寝室にベッドとテレビがあるだけです。
机代わりの段ボールもあります。
これを使って、ブログを書いたり、食事をしたりしています。

ベッドといっても、枠組みはないです。
正確に言えば、マットレスだけですね。

自分でブログを書いておきながら言うのも変ですが、かなりやばい生活ですね。
ゆっくり、ゆっくり家具などをそろえていこうと思います。

 

===========================

資格スクエア・予備試験講座説明会

私・岡嶋も説明会に登壇します! 

  • 論文の書き方
  • 勉強スケジュール
  • 教材の選び方

など、皆様が気になる情報をお伝え致します。

説明会後には、個別のご相談にお受けしておりますのでぜひお越しくださいませ。
参加はもちろん無料です! お申し込みはこちら

===========================
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top