岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

大阪での渉外修習

司法修習について、導入修習、実務修習、集合修習とお伝えしてきましたが、いよいよ、選択型修習です。
以前にもお話ししたように、選択型修習の全国プログラムでは、私は大阪での渉外修習を選んだのです。

これは、大正解でしたね。
修習の中で一番の思い出がここにあるといっても過言ではないです。
それくらい、楽しい思いをしました。

今でも、たまに大阪行きたいなと思います。
大阪でイベントでも開催しちゃいたいぐらいです。
部長にお願いしてみようかな。
でも、その前に休みが取れるかが問題かもしれませんが。。。

大阪での渉外修習を選んだ理由

大阪の渉外事務所を選んだ理由からお話しすると、完全にノリですね。
旅費がでるということと、地方の法テラスを選んでいる人がいたので、いいなと思い、思いつきで選びました。

多くの渉外事務所では、修習生にTOEICのスコアの提出を求めていたのですが、私が申し込んだ先では、それが不要だったのです。
それで、そこ一択でした。

出したものの、理由も、テキトーにしか書いてませんでしたし、抽選に漏れるかなと思っていました。
そのため、選ばれたときは、本当にびっくりでした。
申し訳ない気持ちもしました。

修習前日の大阪入り

しかし、選ばれたからにはいかねばなりません。
自分でホテル、新幹線を取って、向かいました。
確か、新幹線のチケットは当日取った気がします。

わくわくしてしょうがなかったですね。

というのも、私の実家は、基本的に自動車生活であったため、どこにいくにも車でして、新幹線に乗るというのは、めったにないことでした。
小学生低学年の時と修学旅行ぐらいしか乗った記憶がないです。
そのため、十年ぶりぐらいの新幹線でした。
遠足前の子供のように、わくわくしっぱなしでた。

チケットを買えるかとか、新幹線に乗れるかと、ちょっとした心配がありましたが、無事乗ることができ、大阪に到着したのを覚えています。

そうそう、修習は、月曜日からだったので、日曜日に行くことにして、前乗りしました。
そのため、大阪についても暇でした。

とりあえず散歩するかという事で、本町から道頓堀の方にいき、普通に観光しました。
グリコの看板を見たり、かに道楽を見たりして、アメリカ村をふらっと酔って、そのあたりのお好み焼き屋さんに入って、ホテルに帰った気がします。

大阪での修習1日目

次の日から修習だったのですが、初日は、やはり緊張しましたね。
どんな人がいるのだろうか、ちゃんとできるのだろうか、英語できないけどいいのか?という気持ちでした。

しかし、行ってみると、いい人ばかりで、そんな心配は一切なかったですね。
気さくな大阪のオッチャンという感じで、非常に話がしやすかったです。
他の弁護士の方々も、気さくな方ばかりで、いい事務所だなと思いました。

しかも、毎回お昼は連れて行ってもらえたので、助かりました。
その分、夜に使えるお金が回せましたね。

修習の業務内容

やらせて頂いた業務としては、契約書の翻訳であったり、リサーチだったりと、よくある類のものでした。
ただ、困ったのが、英語ができない私は、契約書の翻訳に時間がかかってかかってしょうがなかったことです。

わずか数ページの翻訳が、全然終わらないわけです。
この時ばかりは、来るところ間違えたと思いました。日々、格闘です。

契約書と格闘していると、いつの間にかお昼になって、「お昼行こうか」と誘われ、お昼に行き、帰ってくると眠くなるので、ブースで寝るという感じでした。
少し寝たら、回復するので、起きて作業を進めるという流れでした。

そうしていると、夜になるので帰宅して、どこかふらつきにいくという生活をしていました。
いろんなところ行きました。
ふらっと飲み屋に入って、そこで知り合いができてというのが楽しかったですね。

大阪に来たら、必ずいこうと思うお店ができました。
おそらく、向こうも、覚えていると思います。
それぐらい、密度の濃い日々を過ごしました。

===========================

資格スクエア・予備試験講座説明会

私・岡嶋も説明会に登壇します! 

  • 論文の書き方
  • 勉強スケジュール
  • 教材の選び方

など、皆様が気になる情報をお伝え致します。

説明会後には、個別のご相談にお受けしておりますのでぜひお越しくださいませ。
参加はもちろん無料です! お申し込みはこちら

===========================
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top