岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

司法試験・予備試験合格を目指すなら今しかない!

最近の悩みは、花粉です。とにかくしんどいです。
寝ようとしても寝られず、睡眠時間も、睡眠効率も害されています。
本当に困っています。

薬を飲んでも、点鼻薬を刺してもだめです。
こんなに鼻づまりがひどいことは今までなかったです。とにかく、辛いです。
仕事をしようと思っても、全然頭が働かず、本当に困っています。
誰か助けてほしいぐらいです。

司法試験・予備試験に挑戦するなら今!

さて、こんなどうでもいいような私の悩みは置いといてですね、いよいよ、4月に入りましたね。
心機一転、何かを始める時期としては、非常にいい時期ですね。

法曹になってみたい、法律を学んでみたいという方は、是非初めてみてください。
今は、非常にチャンスです。

先日、鬼頭さんともお話しをしましたが、共通したのは、法曹になるには、今が一番チャンスだということです。
予備試験にせよ、司法試験にせよ、今までにないぐらい、合格しやすい時代です。
おそらく、ここ数年間はそうなると思います。

司法試験受験者数の減少

まず、司法試験の受験者の数が非常に少ないです。

今年の出願者数はわずか5,811人です。6,000人を切っちゃっています。
おそらく、ここから、10%ぐらいの人が受験をしないので、5,000人程度になると思われます。

これしかいなくて、1,000人以上が受かるって、合格できるかも!と思いません?
5人に1人以上が受かるわけでよ。
自分の席の前後左右の奴らを倒せばこれで合格です。行ける気がしませんか?

しかも、択一試験を超えたら、3000人程度になります。
3人に1人以上が受かるわけです。
前後または左右どちらかを潰せれば、それで合格です。

予備試験も今が合格のチャンス

予備試験受験者数の減少

予備試験についてみても、今年の出願者数は、13,746人と非常に少ないです。

「いやいや多いでしょ」と思われたかもしれません。
今から15年前の平成15年の司法試験での受験者数知っていますか?

なんと45,372人ですよ。4万人超えていたわけです。
この数字をみたら、今ってチャンスじゃん!って思いませんか?

受験者のレベルの低下

しかも、かつての司法試験、旧司法試験ですが、これと違っている点があります。
それは何かというと、滞留者が少ないという事です。

かつては、10年間勉強しているという人が非常に多くいました。
しかし、今はロースクールがあります。
そのため、10年間独学で勉強しているという人は少ないです。

むしろ、それだけの時間をかけるなら、2年または3年、ロースクールに行って、司法試験を受験しちゃいます。
また、受験者の1万人のうちの大半は、ロースクール生や大学生です。
まだ、勉強を始めて、3,4年の人が多いわけです。

ということは、旧司法試験の時は、10年勉強している人が多く存在していたのに対して、予備試験では、3,4年しか勉強していない人が多いわけです。
つまり、レベルがぐっと下がっています
3,4年の勉強と、10年の勉強では、10年の方が知識も増えますからね。

まとめると、受験者が1万人ほどしかいない、しかもレベルが下がっているという事です。
ますます、予備試験、司法試験合格できるかもと思いませんか?

司法試験には誰でも合格できる

この合格できるかもというのは非常に大切です。

司法試験合格者も、予備試験合格者も決して天才集団ではありません。
誰でも合格できる試験です。
学生時代の成績表が悪くても合格できます。

しかも、やり方を間違えなければ、早期に合格できます。

本当にやるなら今ですよ。
法曹が増えていて、仕事がない、弁護士は稼げないなんて記事を見たことがあるかもしれませんが、そんなことはないです。
過剰に騒ぎ立てているだけです。
仕事は、ごろごろ転がっていますし、稼げます。

つまり、弁護士になるのもチャンス、稼ぐのもチャンスというわけです。
この4月から是非、挑戦してみてください。

私は、ダイエットにでも挑戦しようと思います。

 

★☆★☆23のポイントで分かる!試験形式別・勉強計画(予備試験編)☆★☆★
僕が実践した、勉強計画の立て方、そして、各試験にむけてやるべきことをシンプルにまとめました。 1コインで学べますので、気になる方は是非ご覧ください。
>

★☆★☆試験に受かる勉強法を習得したい方向け☆★☆★
本ブログでも勉強法について語っていますが、
資格スクエアでは勉強法だけを10時間みっちり教えている講座があります。
講師の方は、大学時代に勉強法研究に目覚め、
その後、公認会計士試験⇒予備試験⇒司法試験に突破された、勉強法マニアの方です。
5400円という飲み会一回分の値段で、正しい勉強法が勉強できるのはすごいです。
難関試験の一発突破術はこちら

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top