岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

短答模試が信用できない最大の理由

今回も前回と同様、短答模試についてお話していきます。

短答模試は不公平

短答模試が信用できない最大の理由、それは模試の不公平性にあります。

模試の結果を見たとき、平均点や合格水準点が高いことありませんか?
難しいはずなのに、点数が高く、例年の合格水準点を大きく上回っていることありませんか?

これは、模試が平等に行われていないために生じるものなのです。

模擬試験、略して模試ですが、これはそもそも、何のために行われるかというと、本番へのリハーサルであったり、実力を測ったりするためにやります。
そのため、原則として、会場でしっかりと受けるべきです。
こうした方が公平性を保てますからね。

しかし、現状、試験会場から遠方に住んでいたり、お仕事の都合上難しかったりして、試験会場で受けれないという方もいると思います。
それは仕方がないことです。

ただ、やはり、在宅で受けている人と、会場で受けている人では、状況が違いすぎます。

もちろん、在宅で受けた方の中には、しっかりと時間を測っている方もいると思います。
しかし、時間を図るぐらいじゃ公平性は保てないです。
ちゃんと、試験と同じ時間に受けて、全て1日で終わらせないと、公平ではないです。
何日かに分けてでは、だめです。疲労感が違います。

しかも、会場で受けると、住み慣れた家で受けるのではかなり状況が違いますしね。

短答模試はずるができる?

まだ、在宅で受けて、時間通りにやっていればいい方ですが、中には、ずるをする人がいます。
時間を延長したり、解答を見たりする人がいるわけです。

こういった方がいる以上は、やはり、在宅は除いて試験結果を出す必要があると考えます。
これで出したとしても、在宅の方も、自分の点数を見れば、どの位置にいるかはわかりますから、問題はないと思います。

じゃぁ、在宅受験の人を除けばそれでいいかというと、それでも足りないと思っています。

会場受験だけなら、公平だと思われるでしょう。
しかし、会場でも、公平性が保てていないのが現状です。
というのも、試験監督官がいないんですよね、会場に。

問題を配って、注意を述べたら、あとは、受験生だけという環境が作られるのです。

そうなるとどうなるかというと、スマートフォンをいじったり、基本書・論証集を出したりとする人が出てくるのです。
このような状況であるため、模試というのは、非常に水準が高くなるのです。

これほど、公平性が保てていないものを一色たんにまとめて、成績表を出しているのです。
公平ではない模試なんて、信頼にあたらないですよね。

短答模試の成績と予備校特待生制度

恐らく、このように思った方もいると思います。
「なんでそんなことするの?自分がだめになるだけじゃん」と。

おそらく、その大きな理由は、特待生制度です。
予備校の中には、模試の成績に応じて、特待生制度を設けている場合があります
成績上位者に優遇をするわけです。

これを狙うがために、カンニングをするのです。
模試でチートしたところで、失うものはなく、逆に得るものがあるなら、するのも分からなくはないですね。
真剣に模試を受けている人にはいい迷惑ですが。

予備校が特待生制度を設けることは、悪いことではないと思いますが、模試で決めるのは、いかがなものかと思います。

短答模試とは真っ向勝負!

あとは、できないというのが嫌だという人だと思います。

低い点数を取るのは嫌なことですが、できなかったら残りの期間で挽回すればいいだけです。
また、模試の成績なんて誰に見せるものでもないですから、そのままぶつかっていけばいいだけだと思います。

このように、予備校が主催する模試は、非常に緩い試験なのです。
そのため、平均点が高くなり、合格水準点も高く出るのです。

こんな感じで行われているわけですから、ちゃんと実力が反映されているものではありません。
だから、信用することはないのです。
という事は、成績が悪くても、合格のチャンスはあるという事です。

頑張ってください。

===========================

資格スクエア・予備試験講座説明会

私・岡嶋も説明会に登壇します! 

  • 論文の書き方
  • 勉強スケジュール
  • 教材の選び方

など、皆様が気になる情報をお伝え致します。

説明会後には、個別のご相談にお受けしておりますのでぜひお越しくださいませ。
参加はもちろん無料です! お申し込みはこちら

===========================
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top