岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

司法試験お疲れ様でした!

司法試験、お疲れ様でした。

長いような、短いような5日間だったと思います。
様々な感想があるでしょうが、とりあえず、ゆっくりして下さい。
ここまで、本当によく頑張ったと思います。

4ヶ月間の使い方

発表まで4か月ほどありますが、これまでできなかったこと、やってみたかったことなど、様々なことに挑戦してみてください
法律の勉強を続けてもいいと思います。

もし、今、4か月自由な時間を与えられたとしたら、私だったら、旅行に行くかなと思います。
借金してでも行きますね。

働いていると、長期間旅行に行くというのは、なかなか難しいです。
4カ月もの休みをとることは、無理ですからね。

そのため、借金をしてでも、旅行に行きますね。
ハワイでのんびりもいいですし、バックパッカーで旅行するでもいいと思います。

やっておけばよかったと思うこと

他に何するかというと、2つありますね。

会計の勉強

1つは、会計の勉強です。
働いてみて、会計知識、本当に必要だなと痛感しました。

財務DDをするわけではないですが、DDをするとなれば、必ず財務諸表はついてきますし、取締役会議事録にも添付されてますから、どうしても目を通さなければいけないんですね。
私は、会計の知識が全くないので、苦労しています。
言葉の意味も分かりませんし、この表自体がどんな意味があって、どんなことが読み取れるのかもわからない状態でした。

修習中にでもやっておけばよかったなと思っています。

英語の勉強

もう一つが、何と言っても英語です。
英語ができるか否かで、仕事の幅が大きく変わります。

こちらも借金を借りてでも、留学に行くべきだったなと思っています。
大学在学中に1年間留学してもよかったと。
英語が話せるようになるだけで、かなりの価値になります。

英語より中国語を勉強した方がいいという方もいますが、英語ですね。
中国とのやり取りでも英語ですし、世界中で使われていますから。
英語ができるだけで、世界中の人を相手に仕事ができるようになるので、本当に勉強をしておいて損はないです。

会計と英語の知識はあって損はない

会計と英語の勉強ですが、企業法務に進まない方にも関係してきます。

事務所を経営するとなれば、嫌でも会計知識が必要になってきます。
外国人の事件も多いですし、知り合いから英文の契約書読んでと言われることもあります。

裁判官、検察官であってもやっておいた方がいいです。
裁判官であれば、倒産事件では、会計知識必要ですし、外国人の事件もあります。
検察官にとっても、インサイダー取引や企業がらみの事件では、会計の知識必要ですしね。
外国人が被疑者・被告人になる事件もありますからね。

どの道に行くにせよ、この2つは絶対にやっておいた方が得します
仕事の幅をぐっと広げてくれるので、勉強していきましょう。

もちろん、司法試験の合格発表までの4か月にやらなくても、司法修習中でもいいと思います。
暇ですからね。
実務家になる前に身に着けておきたいところだと思います。

やりたいことに挑戦しよう

今まで我慢してきたこと、やりたかったことはいろいろあるでしょう。
それをやる時間はあると思うので、挑戦してみてください

ちなみに、この時期、私は、アルバイトをしていました。
携帯ショップでの客引きもやりましたね。
そのあとに、資格スクエアでアルバイトをし始めたと思います。

他にやったのは、パワプロを買ってやりこんだり、映画や海外ドラマを見たりですね。
マーベルの作品を、全部観ました。

非常に楽しい時期だと思いますので、遊びつくしたというぐらい遊んでもいいと思います
楽しんでください。

アルバイト中心の生活だと別ですが、遊び中心だと、意外と遊べないなって思って、勉強に帰ってくる人もいると思います。
結構、そういう方多いです。

 

何と言っても、司法試験、お疲れ様でした。
次回は、予備試験のことについてお話ししようと思っています。

===========================

資格スクエア・予備試験講座説明会

私・岡嶋も説明会に登壇します! 

  • 論文の書き方
  • 勉強スケジュール
  • 教材の選び方

など、皆様が気になる情報をお伝え致します。

説明会後には、個別のご相談にお受けしておりますのでぜひお越しくださいませ。
参加はもちろん無料です! お申し込みはこちら

===========================
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top