岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

予備試験の実務科目について

論文式試験まで約1ヶ月

予備試験の論文式試験まで、残り1か月ほどですが、どうでしょうか。予備試験の論文で、一つネックになるのが、おそらく実務科目だと思います。
民事実務基礎、刑事実務基礎の対策をどうすればいいのか困っている人もいるでしょう。今回から数回にわたって、民事時実務基礎、刑事実務基礎についてお話ししようと思います。今までにも、何度かこの話題について触れてはいるのですが、今までのよりもブラッシュアップされていると思います。というのも、修習を経て、考え方、捉え方に変化が生じたからです。読んだことあるよと思わずに、最後までお付き合いいただければ、幸甚です。

修習が気づかせてくれたこと

言い方が極端かもしれませんが、まず、民事実務基礎、刑事実務基礎ともに、レベルは低いです。なにを言いたいかというと、ちょっとできるだけで、いい成績を取れちゃう科目なんです。これは、修習を経て気づいたことですが、おそらく、出題者側が想定していることに対して、ちゃんと答えられている答案というのは、ごくわずかだと思います。出題者側から見れば、全然いい答案がないという状態だということです。これを逆手に考えれば、出題者側に沿う答案が書ければ、よりいい点数を狙えるということです。

受験生は実務を知らない

なぜ、出題者側の意図に沿っている答案が少ないかというと、それは受験生が実務を知らないからだと思います。実務家基礎科目というだけあって、実務を知らなきゃいけないんですね。しかし、大学はもちろんのこと、ロースクールにしても実務のことは教えていません。
ロースクールは、司法試験の方に向いていますし、実務家の授業で実務について教えてくれてはいると思いますが、ちょっと方向性が違う気がします。私はロースクールに行っていないので、聞いた話や想像によってしまうことではあるのですが、実務についての授業では、実務家がどんな仕事をしているのかや、判例や法律知識、法的思考方法等についてだと思います。これはこれで非常に意味があることです。私も受けたかったです。

しかし、予備試験に直結するものではないんです。ロースクールや大学での実務についての授業と予備試験の実務科目にはギャップが生じてしまっているんです。

実務科目で必要な知識とは

実務科目で、必要な知識は何かというと、実務的な書面の書き方、考え方等です。要件事実についての知識、考え方であったり、準備書面の書き方、勾留や保釈の要件の検討の仕方、犯人性についての思考方法であったりと、実務家が当たり前にやっていること、当たり前すぎるようなことが求められているのが、予備試験の実務科目だと思います。

実は、これについて教えてくれるところがあります。それは、司法研修所です。司法修習では、要件事実や準備書面の書き方、法曹倫理、勾留や保釈、犯人性などを勉強します。司法修習で教えてる内容が、予備試験の実務科目を解くうえで、必要な知識、考え方になるのです。「司法修習で教えることを、予備試験の試験科目にするなよ」、「司法研修所、何やってるんだよ」といろいろツッコみたいことはありますが、置いておきましょう。

実務科目は怖くない

司法研修所で教えることを先取りして、学習しちゃえば、予備試験の実務科目は怖くないと思います。もちろん、司法修習生と同レベルに学習する必要はありません。ちょっとかじった程度で充分です。かじった程度だったとしても、採点委員に良い点数をつけさせる答案になるはずです。司法研修所の教官が、採点委員を兼ねることもありますから、向こうに沿った答案になると思います。

具体的に、どうやって勉強して、どうやって書いていくのかですが、それについては、次の記事で、お話ししていきます。

残り僅かな期間ですが、体調に気を付けて、頑張ってください。

===========================

資格スクエア・予備試験講座説明会

私・岡嶋も説明会に登壇します! 

  • 論文の書き方
  • 勉強スケジュール
  • 教材の選び方

など、皆様が気になる情報をお伝え致します。

説明会後には、個別のご相談にお受けしておりますのでぜひお越しくださいませ。
参加はもちろん無料です! お申し込みはこちら

===========================
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top