岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

アーカイブ : その他

二回試験の恐怖 はてなブックマーク数 - 二回試験の恐怖

インフルエンザが大流行していますね。 受験時代は、毎年この時期は用心していました。予防注射も必ず打つようにしていました。と言っても、私は子供のころから欠かしたことないんですけどね。 でも、今年は、打ってないです。打つの忘れました。もう、いまさら打ったところでと思っています。 本当に体調には気を付けてほしいです。 私の友人で、試...

よくある質問に答えました はてなブックマーク数 - よくある質問に答えました

このブログを読んでいただけているんですね。いやーよかった。何が良かったかというと、校閲というか検閲に引っかからなかったという事です。 今回の記事、申し訳ないですが、勉強とはかけ離れた内容です。私によく寄せられる質問にお答えした形となっております。 たまには、こんな記事があってもいいかなと思って書いてみました。お付き合いいただけ...

88.7チャンネルと独学部 はてなブックマーク数 - 88.7チャンネルと独学部

先日、東京でもやっと雪が降りましたね!正直に言って、ちょっとわくわくしました。 大学生の時、大きな雪だるまを一人で作ったことがあります。子供っぽいかもしれませんが、やっぱり、雪がふるってなると、非日常ですから、テンションあがりますね。 雪で遊ぶのもいいと思いますが、インフルエンザも流行っていますし、体調管理には十分に気を付けて...

家のインフラの重要性 はてなブックマーク数 - 家のインフラの重要性

早いもので、弁護士となって、1か月が過ぎようとしています。 修習ってよかったなと思っています。めんどくさい、めんどくさいと思っていましたが、戻れるならば、修習生もう一回やってもいいかなと思っています。起案や二回試験も頑張るので、もう一回やってもいいなと思います。 弁護士と修習の違い やはり、修習の時とは忙しさが違いますね。修習...

予備試験・司法試験までの勉強の進め方 はてなブックマーク数 - 予備試験・司法試験までの勉強の進め方

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 私自身のことになりますが、二回試験に合格し、ようやく今年から弁護士として活動していくことになります。ワクワクするような、怖いような気持ちでいっぱいですが、喜びのほうが大きいです。 働き始めるので、ブログの更新のほうが滞ってしまうこともあるかもしれませんが、できる限...

刑事訴訟法のオススメ演習書『事例演習刑事訴訟法』 はてなブックマーク数 - 刑事訴訟法のオススメ演習書『事例演習刑事訴訟法』

今回ご紹介させて頂きたい演習書は、『事例演習刑事訴訟法』です。古江頼隆先生が書かれた書籍です。 『事例演習刑事訴訟法』の特徴 この演習書、非常に多くの受験生がご存知だと思います。また、かなり多くの受験生が使用されているのではないでしょうか。私も使っていました。2週か3週ほどは解いたと思います。 本書に掲載されている問題は、短い...

予備試験講座少人数説明会やります はてなブックマーク数 - 予備試験講座少人数説明会やります

平成29年12月26日(火)から29日(金)にかけて、イベントを開催致します。イベントは、「予備試験講座少人数説明会」です。 私が、説明会でお話しさせていただくことになっています。 この説明会、少人数なんです。なんと、各回2名です。そのため、色々なことをお話しできると思います。 もちろん、質疑応答の時間をたくさん取らさせていた...

親族相続法、手形・小切手法の勉強法 はてなブックマーク数 - 親族相続法、手形・小切手法の勉強法

司法試験、予備試験まで残り半年ほどです。地味に焦りが出てくる時期だと思います。このぐらいの時期から、やるべき部分、捨てていく部分というのが出てくる頃だと思います。 親族相続法について 司法試験、予備試験共に、親族相続法の出題頻度は高いものではないです。そのため、あまりやらないで試験に望んでしまったという人もいるのではないでしょ...

問題文から受験生の空気を読む はてなブックマーク数 - 問題文から受験生の空気を読む

前回、「問題文の空気を読む」ということについてお話しさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。今回は、「受験生の空気を読む」ということについてお話しさせていただきたいと思います。 これは、「今トイレに行ったら、横の人に迷惑かも」とか、「あの受験生ピリピリしているから、関わらないようにしよう」とかそう言った類のものではない...

問題の空気を読む はてなブックマーク数 - 問題の空気を読む

先日、予備試験合格者の友人と話をしていた時、友人が「予備試験合格者は空気を読むのがうまい」と言っていました。私は、確かにそうかもな〜と思いました。もちろん、会話の流れだったり、相手の雰囲気を察するということではないです。どういうことを指しているかというと、問題に対して空気を読むのがうまいということです。 論点に気づき、書くべき...

Return Top