目からうろこ!?AI(人工知能)の作り方は意外と簡単!

目からうろこ!?AI(人工知能)の作り方は意外と簡単!

AI(人工知能)は非常に高度な技術で作られているイメージがありますよね。確かに、秘めている能力は非常に高く、多くのジャンルですでに活用されていますが、その作成方法は意外と知られていません。今後、AI(人工知能)の資格を取得しようと考えている時に、どのように作成されているかをしっかりと把握しておくことも重要です。この記事では、AI(人工知能)の作り方について解説します。

1. まずは素材選びからスタートさせる!

いきなりAI(人工知能)を使って何かをしたいと考えてても、それは漠然としすぎていて、初めてAI(人工知能)の開発をする方にとっては非常に困難なミッションとなります。まずは、機械学習を行うための素材集めから始めるようにしてください。この素材とは、いわゆるビッグデータのことで、AI(人工知能)にとっては大好物とも言える存在です。ビッグデータと聞くと、目に見えないほどの膨大なデータというイメージがありますが、実質的にはAI(人工知能)によって処理したい事柄に必要なデータ量を推測し、素材を集めていくことになります。

例えば、あるデータの処理をAI(人工知能)で行おうと考えた場合、その処理を行うために必要な検体数はどの程度あればよいのかを明確にします。このジャッジは、そのジャンルに精通した方でなければ行えません。よって、AI(人工知能)の開発を行う際には、単純にプログラミングの知識だけあれば作れるほど、甘いものではありません。自分自身で知識を持ち合わせていなくても、有識者を確保することができれば、それで事が足ります。

2. 実際にプログラミングを行う!

素材が集まったら、実際にプログラミングを行っていきます。プログラミングソフトは多数あり、中にはAI(人工知能)に特化したものも多数存在しています。一般的におすすめできるのが、Pythonです。Pythonは、非常にコードがシンプルで覚えるルールが少ないので、初心者でも使いやすいと評判になっています。それでいて、本格的なAI処理を行えるものを開発可能ですので、まずはPythonを取り入れてみることをおすすめします。その他では、JavaScriptやC++などのメジャーなプログラム言語もAI開発で適用可能です。

どうしてもプログラミングは苦手という方は、Azure MLやapi.aiといったソフトでもAI開発が可能となっています。特に、Azure MLというソフトでは、クラウド上で学習を進めることが可能なので、開発で使用するパソコンのスペックに依存しないという点も評価されています。

3. 実際にサービスに書き込む!

プログラミングが完了したら、そのプログラムを起動させるサービスに書き込みます。例えば、ロボットAIの場合は、ロボットに脳を移植するようなイメージで、ハードを起動させるための仕掛けを施します。最も簡単に行えるのが、パソコンにデータを移植するだけで起動できるAIです。会社で膨大に抱えるデータをAI(人工知能)で処理したい場合、開発したプログラムを処理させたいパソコンに移植し、起動させて処理が行なえます。プログラムを作成した際には、実運用前には必ずテストを行いましょう。いきなり本稼働させると、もしプログラミングミスで大事なデータを消去したり、パソコンを暴走させてしまう可能性があります。いわゆるバグ出し処理は、AI(人工知能)の世界でも必須となります。

他にも、単純にAIのソフトウェアを起動させるだけでなく、他の機能と連動させる場合は、それに対応したソフトの開発も必要です。よって、AI(人工知能)の知識だけでなく一般的なプログラミングの知識も持ち合わせていた方が良いと言えます。

4. まとめ

AI(人工知能)を搭載したソフトウェアの作り方はさほど難しくなく、場合によってはプログラミングの知識がなくても作成可能です。ただ、本格的なAI処理ができるものを開発するのであれば、AI(人工知能)に関する資格を得るほどの知識を習得しておくことが重要となります。

AI検定カテゴリの最新記事