AI(人工知能)の最新アルゴリズムを知ることで新しい道を開ける!

AI(人工知能)の最新アルゴリズムを知ることで新しい道を開ける!

 

AI(人工知能)の最新アルゴリズムを知ることで新しい道を開ける!|資格スクエア|AI講座・G検定

【目次】

アルゴリズムとは一体何?

AI(人工知能)におけるアルゴリズムは?

最新のAIアルゴリズムは?

まとめ

 

AI(人工知能)を実現するためには、様々な技術の進化があってこそ成り立っています。技術の進歩を語る上で、特にアルゴリズムの進化は目覚ましいものがあります。特に、この数年で様々なアルゴリズムが研究されています。では、最新のアルゴリズムにはどのような傾向があるのでしょうか?今回は、(人工知能)のアルゴリズムについて解説します。

 

アルゴリズムとは一体何?

まずはじめに、基礎的な知識としてアルゴリズムとは一体どのようなものなのかについて解説します。一般的な辞書などに掲載されているアルゴリズムとは、コンピュータで計算するときの計算方法の意味となります。それをもっと広い世界で考えると、物事を行うときのやり方と言い換えることができます。例えば、ある場所に荷物を届けるという作業があったとします。当然、一分でも早く届ける事ができた方が良いですし、重い荷物であれば安全かつ力をかけずに運びたいものです。そこで、アルゴリズムとして効率よく安全、簡単に運べる方法を考えます。このことを、アルゴリズム研究と呼ばれています。

アルゴリズムの考え方が最も根付いているのが、プログラミングの業界です。アルゴリズムは1つの問題がある場合、答えは複数ある場合が多いのが特徴です。よって、アルゴリズムを研究していく中では論理的思考が必須です。頭の中でフローを描き、条件分岐を適切に行い、幾通りもある答えを全て正しく導ける事ができるようになれば、一人前のプログラマーと言っても過言ではありません!

 

AI(人工知能)におけるアルゴリズムは?

AI(人工知能)におけるアルゴリズムも多数ありますが、最も基礎的なものとしてディープラーニングがあります。ディープラーニングとは、日本語では深層学習と呼ばれており、歴史を紐解けばニューラルネットワークというアルゴリズムから発展して誕生した経緯があります。ニューラルネットワークとは、主に脳神経の構造をモチーフとして開発されているアルゴリズムになります。脳で言う多数のニューロンが結合し合う状態を模してネットワーク構造を構築して、その結合部分であるシナプスが一定以上のシグナルを受けるとニューロンからニューロンへ情報伝達するという思想で設計されています。ニューラルネットワークを複雑にして多層化することで、より複雑な特徴量を表現することができ、難しい計算も行うことができるのがディープラーニングとなります。

この思想自体は非常に素晴らしいもので以前から存在していましたが、オーバーフィッティングなどの諸問題を抱えており、なかなか実現しませんでした。ただ、この問題を解決するだけの処理速度を兼ね備えたコンピュータの誕生により、ついにアルゴリズムとして確立されました。どんなジャンルでも爆発的な能力を発揮するわけではありませんが、特定の領域では突出して高性能なのがディープラーニングの特徴です。

 

最新のAIアルゴリズムは?

ディープラーニングという革命的なアルゴリズムに匹敵するほどのものとして、最近注目されているのが、アメリカのエネルギー省オークリッジ国立研究所で開発されている、新しいソフトウェアが注目されています。その名はMENNDLと呼ばれており、科学者が収集するような特異な仕事について、GPUアクセラレーションを活用して、ニューラルネットワークを自動的に生成するアルゴリズムを活用し、数ヶ月かかっていた作業を数週間に短縮することに成功しています。代表例として、ニュートリノ物理学の研究を24時間で達成したことは、大きなニュースとなりました。AI(人工知能)開発の世界でも、このアルゴリズムにより更に発展することでしょう!

 

まとめ

AI(人工知能)の進化の過程には、コンピュータなどのデバイスの進化も大きく起因しています。これにより、理想形であったアルゴリズムが現実のものとなっています。アルゴリズムを知ることで、間違いなくAI(人工知能)というテクノロジーを知るヒントとなります!

 

AI検定カテゴリの最新記事