AI(人工知能)とビッグデータを活用したAIファンドの能力と実例

AI(人工知能)とビッグデータを活用したAIファンドの能力と実例

 

AI(人工知能)とビッグデータを活用したAIファンドの能力と実例|資格スクエア|AI講座・G検定

【目次】

AI(人工知能)が投資判断をおこなう「AIファンド」とは

人間とAI(人工知能)の相乗効果を利用したファンド

コンテストで選出されたエリートが集まるAIファンド

まとめ

 

AI(人工知能)技術の進歩はめざましく、日を追うごとに高精度なシステムが開発されています。自動運転車や将棋AIが世間を騒がしていますが、投資の世界にも画期的な技術が増えてきました。

そのうちの1つが、AI(人工知能)を利用して投資をおこなう「AIファンド」です。今回はAIファンドの能力や構造、実際に運用されている実例をご紹介します。

 

AI(人工知能)が投資判断をおこなう「AIファンド」とは

AIファンドとは、その名の通りAI(人工知能)を利用して投資判断おこなう投資信託を指します。変動の激しい金融市場において、AI(人工知能)の優れた処理能力は大きな強み。ビッグデータと呼ばれる膨大なデータの高速分析は、人間には到底マネできない能力です。

この処理能力を利用してディープラーニングによる学習を継続し、AI(人工知能)は市場の動向を深く推測するようになります。予測結果が実際と異なった場合はその原因も分析し、経済レポートやニュースの情報を確認。この反復により多くの実践データを蓄積し、AI(人工知能)と運用チームは結果を追求しています。

多様なデータに囲まれた現代において、このようなAI(人工知能)を利用した投資が今後の主流になる可能性は大きいです。

 

人間とAI(人工知能)の相乗効果を利用したファンド

「GS グローバル・ビッグデータ投資戦略」は、ビッグデータの解析により最適な投資先を判断するAIファンドの1つです。高度な分析力を備えており、経済アナリストのレポートや企業のホームページアクセス数、その他さまざまなメディアから市場の動向を推測。これらの機能により、常に変動を続ける相場のトレンドを追いかけます。

さらに、AI(人工知能)を24時間稼働させることで膨大なデータを収集し、人間には再現不可能な分析力を実現しました。実際に世界各国に専門家を配置し、ビッグデータの収集に関して信ぴょう性を追求している点も特徴です。

このように情報の品質管理やシステム運用はプロフェッショナルがおこない、膨大なデータの計算・分析をAI(人工知能)がおこなう効率的な分業体制は、業界を問わず浸透すると予想されます。まだまだAI(人工知能)が担う部分は少ないため、金融業界ではAI(人工知能)をバックアップする実力者が求められている状態です。

 

コンテストで選出されたエリートが集まるAIファンド

カブロボファンドの愛称が付けられた「日本株ロボット運用投信」は、複数のAI(人工知能)がトレードをおこなう投資信託です。当ファンドはカブロボ・コンテストと呼ばれる大会で優秀な成績を収めたものから、投資顧問会社が最適なカブロボを採用します。カブロボ・コンテストは2004年から開催されており、2017年末日時点で2万3,000人もの参加者を集めるハイレベルな大会です。

カブロボファンドは市場の変化に対応してカブロボを変更し、柔軟な運用スタイルを追求。各カブロボは東証一部上場に関するデータを取り込み、最新の情報をもってトレードをおこなうようプログラミングされています。

このようにコンテストを通して高水準な技術が供給され、より洗練されたプログラムをもつAI(人工知能)が開発されるのは、国内のAI(人工知能)に関する技術レベルを向上させる上で重要です。

 

まとめ

AIファンドは国内外問わず、投資の世界で注目を集める画期的なシステムです。各業界でビッグデータの有効活用が話題に挙げられるなか、AIファンドはいち早くビッグデータを効果的に利用した例だといえます。

現段階での的中率は完璧からほど遠いですが、将来的に投資未経験者が安定利益を上げるファンドが生まれても不思議ではありません。精度の向上とともに投資が身近になるという意味でも、目が離せないAI(人工知能)技術です。

 

AI検定カテゴリの最新記事