AI(人工知能)のトレンドを先取り!AI EXPOは注目のイベント!

AI(人工知能)のトレンドを先取り!AI EXPOは注目のイベント!

 

AI(人工知能)のトレンドを先取り!AI EXPOは注目のイベント!|資格スクエア|AI講座・G検定

【目次】

AI EXPOとはどんなイベント?

セミナーなども行われる!

資格取得のための知識を得ることができるのも魅力的!

まとめ

 

AI(人工知能)の進歩は目覚ましいものがあり、今の知識が決して新しいものとは限りません。情報を入手する方法は数あれど、より身近にAI(人工知能)の素晴らしさを実感したいものです。そこでおすすめしたいのが、AI EXPOです!では、AI EXPOとは一体どのようなイベントなのでしょうか?

 

AI EXPOとはどんなイベント?

様々なジャンルで、展示会という形で最新技術を紹介するイベントがありますよね。AI(人工知能)においては、AI EXPOと呼ばれるイベントが、現時点で日本最大のAIイベントとなっています。リード エグジビション ジャパン株式会社が主催で、後援として一般社団法人 人工知能学会や一般社団法人 日本ディープラーニング協会がいるので、各社も注目せざるを得ないイベントです!最新のAI技術を各社がこぞって紹介しているのが特徴で、参加企業はNTTなどの大手企業が並んでいます。ジャンルとしては工業系だけでなく、自動車系の製品を取り扱っているメーカーが多いのも特徴です。これは、今後自動運転などでAI(人工知能)を活用していきたいという意識の表れであることは間違いありません!

各メーカーのブースでは、最新技術の紹介だけでなく実演により体験することもできます。これにより、触ってみてその技術力の高さを確認することができます。各メーカーも、商機として位置づけており、ここから商談に進む可能性も十分にあります。同時進行に映像系やコンテンツマーケッティングなどのEXPOも行われますので、会場である東京ビッグサイトには多くの来場者で溢れかえります。実際に、2018年は3日間で合計46,323名の方が来場されて、その注目度の高さが数字にも現れています。

招待券をお持ちの方であれば無料で参加することができますし、招待券がない場合では5,000円の料金で参加できます。2019年の開催も決定しており、4月3日(水)~5日(金)に開催されます。

 

セミナーなども行われる!

一般的な展示会同様に、セミナーも同時に開催されるのがAI EXPOの特徴です。2018年度は、エヌビディア合同会社日本代表兼 米国本社副社長である大崎 真孝氏が、「エヌビディアのAI戦略と海外の最新動向」というテーマで講演を行いました。また、海外からも、米国セールスフォース・ドットコムChief Scientistであるリチャード・ソーチャー氏が「すべてのユーザーにAIのパワーを」のテーマで講演を行いました。他にも、ヤフー株式会社や株式会社ドワンゴなど、世界的な企業の講演も無料で聴衆することができました。

更には、より実践的な知識を得ることができる専門的なセミナーもあり、特にこれからAI業界で働こうという方にも好評を博しています。

 

資格取得のための知識を得ることができるのも魅力的!

AI EXPOでは、各種セミナーで最新の動向をチェックできるだけでなく、実務的なAI技術を得ることができます。各メーカーでは、技術活用に向けた相談を行うことができますので、より実践的なAI知識を習得できます。各メーカーも商機と捉えているため、商談という位置づけで対応されることもありますが、メーカーによって誰でも気軽に参加できるブースとなっていることもあります。ジャンルとしても、機械学習やディープランニング、ビッグデータを取り扱うメーカーなど、多種多様です。ご自身でAI(人工知能)に関する資格を取得するために勉強している方にも、有益な情報をもたらすのは間違いありません!

 

まとめ

AI EXPOはまだ歴史が浅く、2018年度は第2回の開催となりました。すでに来年度の開催も決定しており、出店する企業の募集を開始しています。確実に需要がアップするAI(人工知能)だけに、今年以上に参加企業が伸びる事は間違いありません!最新のAI技術に触れ合える場として、是非とも活用してほしいものです。

 

AI検定カテゴリの最新記事