AI(人工知能)導入で変化するニュース記事の消費方法

AI(人工知能)導入で変化するニュース記事の消費方法

 

AI(人工知能)導入で変化するニュース記事の消費方法|資格スクエア|AI講座・G検定

【目次】

情報過多の窮屈さを払拭した「Googleニュース」

ユーザーの不足情報を示す「gooニュースアプリ」

ニュース業界に衝撃を与えた「拡張ニュースルーム」

まとめ

 

SNSやスマートフォンアプリには毎日ニュース記事が投稿され、私たちの周囲には消費しきれない情報が溢れてきました。AI(人工知能)はそのような情報過多にある現状を改善、それぞれのユーザーが本当に読みたい記事を提供できるよう進化しています。現状でどのような機能を実現しているのか、気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、AI(人工知能)が搭載されたニュースアプリと、既存のニュース記事制作の常識をくつがえすAI(人工知能)技術の利用方法をご紹介します。

 

情報過多の窮屈さを払拭した「Googleニュース」

Googleが提供する「Googleニュース」は、2018年5月にAI(人工知能)が実装されたことで話題になりました。AI(人工知能)を搭載したGoogleニュースは、数多くあるネット上のコンテンツから信頼できる良質なニュース記事を探索。ユーザーのパーソナル情報や検索傾向に合わせて、AI(人工知能)がユーザーごとに最適な情報をいくつか提案します。

これによりニュース記事の検索が容易になり、より上質な体験をユーザーに与えられるようになりました。追加されたAI(人工知能)機能は技術的な革新を感じられるものですが、ユーザーインターフェースはかえってシンプルになっています。これにより情報は以前より洗練され、ユーザーは従来よりも直感的な操作を手に入れました。

Googleが描く将来的な理想は、AI(人工知能)によって上質な情報が選別され、人々は提示された最適なニュース記事を手に取るシンプルな未来なのかもしれません。

 

ユーザーの不足情報を示す「gooニュースアプリ」

「gooニュースアプリ」はNTTレゾナントが発表するサービスの1つです。当サービスは2018年5月にAI(人工知能)を利用した「インフォグラフ機能」を搭載。インフォグラフ機能は、AI(人工知能)によって「特定の属性」を持つユーザーがどのようなニュース記事を選ぶのか可視化する役割を持ちます。

特定の属性として設定されるのは「経営者」や「就活生」、「芸能レポーター」などをはじめとする数種類の仮想ロールモデル。これらは職種や社会的立場を想定してgooニュース編集部が用意したもので、インフォグラフ機能を参考にユーザーは自身に不足しているニュース記事の分野を知ることができます。

インフォグラフ機能の仮想ロールモデルは徐々に追加されており、発表当初は3種類だったものの2018年8月時点で6種類まで実装されました。

 

ニュース業界に衝撃を与えた「拡張ニュースルーム」

2018年6月、世界編集者フォーラムでは「拡張ニュースルーム(Augmented Newsroom)」と呼ばれる概念が発表されました。拡張ニュースルームは記事の企画や制作、取材や発行にいたるまでの全工程にAI(人工知能)を取り入れ、AI(人工知能)による記事作成の効率化を理想のビジョンとして設定しています。

これらの技術にニュースの速報性を重視する企業が注目し、選挙の開票やスポーツのリアルタイム速報などで競合相手に差をつけようと意識しているようです。

他にもAI(人工知能)が注目キーワードを抽出する「自動タグ推薦」機能を採用した執筆方法や、記事を執筆してくれるAI(人工知能)の開発が進みつつある模様です。

 

まとめ

現代はITの進歩によって多様な情報が閲覧できますが、信頼性の高い情報に辿り着くまでには時間と手間がかかります。AI(人工知能)がニュース記事の作成や提案に利用され始めたのは、情報を持て余す状況を打破する良い兆しとも言えるでしょう。

しかしAI(人工知能)が提案する情報にかたよりが見られるなら、ニュース記事の操作による意識の植え付けという深刻な問題に繋がります。そのような事態に陥らないためにも、AI(人工知能)が利用される分野は細かくチェックしておくべきです。

 

AI検定カテゴリの最新記事