AI(人工知能)を活用した企業が抱える課題へのアプローチ

AI(人工知能)を活用した企業が抱える課題へのアプローチ

 

AI(人工知能)を活用した企業が抱える課題へのアプローチ|資格スクエア|AI講座・G検定

【目次】

AI(人工知能)は既存のビジネスを変革させる

AI(人工知能)がもたらす画期的なマーケティング戦略

AI(人工知能)によるグローバル能力の課題改善

まとめ

 

AI(人工知能)によるビジネス活用はまだ初期段階と言えますが、将来的には人間の想像を超えた画期的なアイデアを生み出し、それらは我々の常識を大きく塗り替えることになるでしょう。

そしてAI(人工知能)がもたらす技術革新は、我々の日常生活にのみ役立てられる訳ではありません。実は顧客ニーズの分析や人材不足など、企業が抱えるビジネス上の課題にも応用できます。そこで今回は、AI(人工知能)が企業にもたらすメリットをご紹介します。

 

AI(人工知能)は既存のビジネスを変革させる

インターネットやSNSを通して膨大なデータサンプルが収集できれば、AI(人工知能)はそれらの情報から市場や顧客のニーズを分析できます。

この分析結果をもとに新製品を考案し、人間の想像力を超える画期的なプロダクトを設計。既存の知識・経験にとらわれがちな我々に代わって、AI(人工知能)が全く新しい概念を創造する可能性が高いです。

さらに、AI(人工知能)を利用したマーケティング戦略の1つとして、市場分析を商品開発やコマーシャルなどに活かす「ニューロマーケティング」に活用できると考えられています。

 

AI(人工知能)がもたらす画期的なマーケティング戦略

先述した「ニューロマーケティング」とは、脳科学の観点から市場の消費者心理を解明し、効果的にマーケティングを改善していく試みです。

アンケートなどでは消費者が自身で意識している「顕在ニーズ」しか読み取れませんが、ニューロマーケティングでは感情や深層心理を解析して「潜在ニーズ」を洗い出します。これによって消費者自身ですら認識していない隠れた需要を発見、企業は効果的に自社製品を開発して販売することが可能です。

今後さらにAI(人工知能)の分析能力が向上すれば、長期的かつ高精度なニーズ変動のシミュレーションが可能となります。

これにより製品の生産量や提供ルートを戦略的に計画できれば、高効率で無駄のない業務フローが実現。安定的な経営で赤字を未然に回避しつつ、画期的な製品を提供できる企業の増加が予想されます。

 

AI(人工知能)によるグローバル能力の課題改善

いまだ多くの企業がグローバル能力に問題を抱えており、多言語に対応できる人材を求める声が多いです。そこでAI(人工知能)を利用したグローバル能力の強化による、多言語に対応できる人材不足の解消が注目されています。

現状でもスマートフォンアプリを筆頭に、多言語音声翻訳システムが登場してきました。対応言語や翻訳結果に課題のあるものも多いですが、低コストで高精度なシステムの完成は目前。資金力の小さい中小企業が大量導入できる段階まで、そう遠くないと予想されています。

こういった技術が実用化されれば国際間会議や営業交渉の実現、海外の外部人材採用へ積極性が生まれます。企業のビジネスゾーンは拡大され事業は活発化、多くの社員は従来よりも英語圏への進出に前向きな姿勢を見せるでしょう。

 

まとめ

今回はAI(人工知能)が企業にもたらす、重要なメリットについてご説明しました。消費者の傾向を分析するには、膨大な統計データの処理が基本。優れた分析能力をもつAI(人工知能)は、ビジネスにおける市場分析において絶大な能力を発揮します。

その分析能力の高さは人間が想定する範囲を遥かに超え、消費者自身すら認識できていない「潜在ニーズ」を推測できるほどです。これらの能力は少しずつ進歩しており、将来的には数多くの企業が取り入れるほど高精度になると予想されています。

近年、多くの企業が課題とするグローバル能力の改善にも役立つとされており、AI(人工知能)が企業にもたらすメリットは今後ますます範囲を広げていくでしょう。

 

AI検定カテゴリの最新記事