AI(人工知能)によってなくなる仕事にはどんなものがあるの?

AI(人工知能)によってなくなる仕事にはどんなものがあるの?

 

AI(人工知能)によってなくなる仕事にはどんなものがあるの?|資格スクエア|AI講座・G検定

【目次】

データ処理を行う人は不要になる!

自動車の運転もAI(人工知能)に取って代わられる!

給与計算もAI(人工知能)に置き換わる?

受付もロボット化する?

まとめ

 

映画の世界では、AI(人工知能)を搭載したコンピューターが暴走して人間社会を破壊していくというものがあります。

AI(人工知能)では、これは決して非現実的なことではなく、実際に起こってもおかしくないのです。

これは極端な話かもしれませんが、実際にAI(人工知能)の活用によって人間が行ってきたことが不要になるという傾向があります。

 

データ処理を行う人は不要になる!

手っ取り早くAI(人工知能)を活用しやすいジャンルに、データ処理があります。

例えば、アナリストと呼ばれる方がいますが、あらゆるデータの中からある結論を導き出し、それを紹介する仕事の方を指しますが、その方のスキルによってデータ解析しているので、誰でもできる仕事ではありません。

ただ、AI(人工知能)ではビッグデータの処理に長けているという側面もあり、データの解析はお手の物です。

また、AI(人工知能)の場合は人間と違ってマシンさえ動けば性格などファクターがないので確実に処理できるという点も見逃せません。

今後、間違いなくデータを処理したり入力するだけの単純作業は、AI(人工知能)に取って代わられる可能性が高いのです。

 

自動車の運転もAI(人工知能)に取って代わられる!

長きに渡って自動車の自動運転化が望まれていますが、なかなか実現しないのが実情です。

ただ、ついに実用化に向けて実際に走行試験を行うなど、実現までもう一歩のところまで来ています。

この進化の過程において、AI(人工知能)の進化もあったというのは言うまでもない事実です。

AI(人工知能)により、道路に設置されたセンサー情報を元に走行し、安全かつ最短ルートで目的地に着くことができるようになる可能性は十分あります。

 

自動運転が実現するとなると、タクシーやバスの運転手のニーズはなくなります。

特に、タクシーの場合はAI(人工知能)が活用しやすいジャンルであり、今までは運転手の感や経験に頼っていた部分をAI(人工知能)でベストな答えを出すことができます。

他にも、宅配業者の場合も最適な配送ルートの検索ができることや、再配送による人件費の高騰を抑える効果も期待できますね。

 

給与計算もAI(人工知能)に置き換わる?

どの会社でもいるのが、給与計算を行う方です。

給与計算は単純なようで実は複雑で、機械的に実施しにくい点があるのです。

そこで、AI(人工知能)を活用することでその手間が省けて、効率的に業務を進めることができます。

もちろん、給与計算ばかりを毎日行っている方は少ないかも知れませんが、確実に業務が置き換わる可能性のあるジャンルとも言えます。

 

受付もロボット化する?

AI(人工知能)によって、既に機械化が進んでいる業種も多く見られます。

その最たる例として、各企業の受付があります。

ソフトバンクが開発したPepperは、各企業向けの受付システムを提供しており、まるで人間が対応しているかのような自然な所作は、好評を博しています。

また、この後も安価な受付システムが誕生する可能性もあり、例えば小規模な医院などでも、自動受付によって人件費の削減が見込めます。

 

ただ、AI(人工知能)の弱点として人間のような感情がない点があります。

起こった感情は受付ではマイナスですが、笑顔で受付をされるととても良い気分になりますよね。

その点で、AI(人工知能)でどれだけこの感情を出すことができるかが課題です。

Pepperの場合は、人間の感情メカニズムを取り入れているのですが、まだまだ人間と差があるのは事実です。

逆に、これが改善されれば受付などの接客業務もAI(人工知能)に置き換えられる可能性が高くなります。

 

まとめ

AI(人工知能)は人間にとっても驚異になるものですが、怖がってばかりいても仕方ありません。

如何にお互いの良い点を活かして共存できるかがポイントとなります。

また、AI(人工知能)を開発する上で、あくまでも人間社会を支える存在となるように意識することが重要ですね。

 

AI検定カテゴリの最新記事