弁理士を目指す方へ(文系出身の方)

弁理士を目指す方へ(文系出身の方)
弁理士を目指す方へ(文系出身の方)|弁理士試験|資格スクエア

 

弁理士というと、理系のイメージが強く、文系の出身者が弁理士になっても活躍の場は少ないのではないか、そうお考えの方もいらっしゃるかと存じます。
実際、「理系分野の弁護士」と呼ばれ、受験生の8割が理系出身であることは事実です。
また、弁理士業務の中心は特許関連の実務であり、理系の知識を持っている方が活躍しているのも事実です。
しかし、文系出身の弁理士の方も多く活躍されており、理系だけが活躍できると考えるのは間違いです。そもそも理系出身の弁理士が増えたのは最近のことで、以前は文系も半分くらいはいたものです。
それでは、文系弁理士の活躍の場について見てみましょう。

ブランド関係の商標の業務、デザイン関係の意匠業務については、理系の知識が必要とされることは少なく、どちらかというと法律の知識が重要であるため、文系出身、特に法学部や行政書士などの法律の専門職出身の弁理士が活躍しているフィールドになります。

インバウンド業務、アウトバウンド業務

日本人が外国で権利を取得したり、外国人が日本で権利を取得したりする業務を指します。これらの業務は英語などでコミュニケーションを行うため、語学力、コミュニケーション力ともに高い文系弁理士に活躍の場があります。

マネジメント業務

実は弁理士事務所の所長には、文系出身の弁理士が数多くいます。理系出身者は、どちらかというと研究畑の人が多いので、デスクワークに専念して、職人としてのみ仕事をしたいという方が多いのですが、企業の経営企画などの仕事をしてきた文系出身の弁理士には、マネジメント業務というのはこれまで行ってきたことの延長戦上にある業務であり、またコミュニケーション能力が高いことから営業のセンスもあることが多いからです。

知財コンサルティング、知財戦略策定

新しい分野である知財コンサルティングなどの業務は、ビジネス的側面が非常に強く、まさにこれまで文系出身が行ってきた経営戦略の策定業務と通じる部分があります。 ある知的財産をどの国で出願し、どの国で出願しないのか、というのは、まさに費用対効果やリスクマネジメントの考え方に沿って考えられるので、文系出身者の得意とするところです。

企業内弁理士

最近では、企業の中に入って活躍する弁理士も増えてきています。企業の中に入って働く以上、ビジネスマンとして仕事をすることが求められますので、プロジェクトマネジメントや根回しといった会社員としてのスキルがどれだけ備わっているか、ということが重要になってきます。文系出身の方は、そうしたスキルをこれまで磨いている場合が多いので、企業内弁理士として活躍される方は非常に多くなっています。

↓↓↓弁理士試験の難関科目!条約の勉強法について弁理士講師の林先生が解説しています!↓↓↓

文系理系関係ない!!誰でも挑戦できる資格試験!

弁理士カテゴリの最新記事