弁理士試験の受験資格

弁理士試験の受験資格
弁理士試験の受験資格|弁理士試験|資格スクエア

 

弁理士の業務内容について理解して弁理士にご興味をもった方は、次に、弁理士試験ってどんな試験何だろう?と思われるかと存じます。
そこで、弁理士試験について受験要綱をもとに細かく記載していきます。

難易度の高い弁理士試験に合格し、実務修習を修了した場合には、「弁理士となる資格」が得られることになります。国家資格は一生消えることはありませんので、この「弁理士」という称号は大きな意味を持つことになります。

2.弁理士試験の受験資格

学歴や年齢の制限はありません。

3.弁理士になるには?

筆記試験は短答式と論文式試験からなっています。短答式試験に合格した人だけが論文式試験を受けられる仕組みになっています。
なお、これらは1次試験、2次試験、3次試験などと呼ばれています。

1次試験(短答試験)→【1次試験に合格した人のみ】2次試験(論文試験)→【2次試験に合格した人のみ】3次試験(口述試験)→最終合格

上のような流れで選抜されることになります。ちなみに、弁理士試験の試験問題は弁理士法及び弁理士法施行規則の定めるところによるものとされています。

このように、弁理士試験は、短答、論文、口述の3つの試験を突破して初めてクリアできる非常に難易度の高い試験です。独学で学習される方は弁理士試験の各形式の試験に応じた対策を工夫することが求められますし、弁理士試験予備校に通っている方も苦手な形式、難易度が高く感じる形式の弁理士試験対策をする必要があります。
独学であっても弁理士試験予備校生であっても、弁理士試験では試験に関連する情報を幅広く集めることが重要です。情報感度を高めておきましょう。
別の項で短答式、論文式、口述式の各試験について概要をみていくことにしましょう。

資格スクエアの無料会員になられた方には、定期的に弁理士試験の情報を配信させていただきます。難易度の高い弁理士試験だからこそ、いろいろなところか情報収集をしておくべきだと考えています。

↓↓↓弁理士試験の難関科目!条約の勉強法について弁理士講師の林先生が解説しています!↓↓↓

資格の専門家が分かりやすく解説!資格スクエアの対策講座!

弁理士カテゴリの最新記事