弁理士はどのような学部を出ている人が多いか?

弁理士はどのような学部を出ている人が多いか?
弁理士はどのような学部を出ている人が多いか?|弁理士試験|資格スクエア

【目次】

弁理士が出ている学部は8割以上が理工系のものである

学部が文系の場合はどうか?

 

弁理士はどのような学部を出ている人が多いのでしょうか?
ここでは、弁理士が出ている学部についてご紹介しましょう。
 

弁理士が出ている学部は8割以上が理工系のものである

弁理士の場合は、取り扱っている特許が理系のジャンルのものが多いので、8割以上の弁理士が学部としては理工系のものを出ています。
弁理士の試験の場合でも、多くの理系の科目が出されます。
しかし、弁理士の試験を受ける場合は、制限が学科・学部、学歴によってないので、弁理士になるためにはどのような学部を出ている場合でも問題ありません。
弁理士の試験に受かる率は毎年ほとんど10%未満であり、弁護士の資格と同じように国家資格の中においても弁理士の資格は難しいものです。
特許庁から毎年公表されている弁理士の試験に受かった人の内訳を見てみれば、一流大学と言われているような有名な大学を出ている人が多くいることも、弁護士の試験がいかに難しいものであるかを表しているでしょう。
なお、弁理士の試験の論文試験の場合は、選択科目の物理工学、機械工学などが必須科目以外にあり、研究をこの選択科目について行うことによって、博士、修士、あるいは専門職の学位を持っている場合は、一部の試験が審査を事前に行うことによって免除になることもあります。
しかし、弁理士の試験に学校の学習のみで受かるのは困難であり、ほとんどの人は試験に受かるために資格のスクールや専門学校に行っています。
1年で弁理士の試験に受かるのは困難であり、3年以上かけてやっと弁理士の試験に受かるような人もいます。
弁理士の試験に受かるポイントは、最終的にいかに意志を強く持って学習を継続することができるかになります。
 

学部が文系の場合はどうか?

学部が文系のものを出ている場合でも、十分に弁理士になることはできます。
しかし、文系の学部を出ている弁理士の場合は、特許のように理系の深い知識が必要なジャンルとは違って、商標や意匠に特化した特許事務所で仕事をする人が多く、法学部を出ている人などは訴訟問題に法律の知識を活用して取り組むような場合もあります。
弁理士の中には、知的財産についてのコンサルティングをメインに行っている人もいます。
特許をもし取り扱う場合には、理系の大学院や大学に弁理士の資格を取った後に入るような人もいます。
また、外国語学部などを出ており、語学力が高い場合には、国際出願を積極的に取り扱えるなどができます。

弁理士カテゴリの最新記事