弁理士とは ― 特許出願 ―

弁理士とは ― 特許出願 ―

もしもあなたが発明をしたら、その発明について特許権を取得することができます。しかし、特許権は発明をした瞬間に自然に発生するものではありません。その発明が特許権を与える価値のある発明であることを特許庁から認めてもらうことで、初めて特許権が発生するのです。

ここで、特許庁に発明が特許を受けるに値するものかどうかを審査してもらうため、「自分が特許を受けたい発明はこういったものです」といった発明の内容を記載した書類を提出する必要があります。このような特許庁に対して特許権を請求するために書類を提出することを特許出願といいます。

1 特許出願をするには

特許出願をするには、いくつかの書面を特許庁に提出する必要があります。

具体的には、

・出願する者の住所
・氏名等を記載する願書
・出願する者が希望する発明の権利範囲を記載した特許請求の範囲
・発明の具体的な実施の形態を記載した明細書
・出願した発明の概要を記載した要約書

が必要になります。

また、明細書の内容をわかりやすく説明するための図面を一緒に提出することも可能です。特許権の取得を希望する者は、特許庁に上記書面を出願料金とともに提出することで特許出願をすることができます。

ただし、特許出願をしただけでは特許庁に審査をしてもらうことはできません。特許庁に審査してもらうためには、特許出願の他に出願審査の請求といった手続きを行う必要があります。

2 特許を受けることができる発明

実は特許出願をした発明がすべて特許権を取得できるとは限りません。特許権は、その発明を他人に使わせないという非常に強い独占権ですので、簡単にどのような発明にも権利を付与するわけにはいかないのです。

そこで特許庁は、不公平にならないように特許権を付与することのできる発明について一定の水準を定め、その水準に到達する発明にだけ特許権を付与することにしています。

その水準に到達するには、発明は新しいものであって、かつ、その業界の技術者が簡単に思いつかないほどの価値を有する必要があります。また、特許権は独占権ですので、誰かが同じ発明を先に出願していた場合は、特許権を取得することはできません。

3 特許権の取得

出願後、出願審査の請求を行うことで特許庁がその発明について審査を開始します。

特許庁は、出願された発明が特許を受けるべき一定の水準に達しているか、また提出された書類に不備がないかどうかを審査し、問題がある場合はその旨を出願した人に通知し、修正の機会を与えます

また、問題がない場合はその発明に特許権を付与してもよい旨の特許査定をします。出願した人は特許料を納付することで、特許庁から特許権を取得することができます。

弁理士カテゴリの最新記事