ダブルライセンスでさらに飛躍!弁理士と他の資格の相乗効果

ダブルライセンスでさらに飛躍!弁理士と他の資格の相乗効果

弁理士試験の受験を考えていらっしゃる方の中には、すでに難関資格をお持ちの方も多いと思います。また、弁理士資格をとってさらに他の資格を取得しようとする強者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、弁理士とともに難関資格を有すること、すなわち、”弁理士資格とのダブルライセンス”のメリットをお話ししたいと思います。

1. 知的財産知識と会計知識で大活躍

知的財産業務は、例えば特許権の場合、発明を発掘し、その発明を特許出願し、権利化を図る業務、と思っていませんか。企業では、「特許権ってどのような投資効果があるの?特許を取得したらどのような価値があるの?」といった質問を経営陣から質問されることもしばしばあります。

企業の知財部門では、あれこれストーリーを考える一方、特許事務所の弁理士に相談することもあります。つまり、特許事務所で働く場合でも、企業の知的財産部門で働く場合でも、弁理士に対して知的財産権の位置づけや知的財産の価値評価が求められる時代になってきています。

弁理士は、知的財産の取得や管理のエキスパートですが、さらにその活用に対するスキルも求められてきているわけですね。

さらに、M&Aを行う会社も少なくないのはご存知のとおりです。M&Aの時に必ず行うのが知財デューデリジェンスです。買収する会社が所有する知的財産の価値を買収前に評価するわけです。知的財産権を評価することにおいてはさまざまな手法がありますが、特許庁でも知的財産の評価業務を進めていますので、興味がある方は覗いてみてください。

企業から求められる「知的財産権の価値とは?」という課題に対しては、弁理士だけでなく、公認会計士税理士の資格を持ったダブルライセンスだと、さらに企業経営の判断材料に則したコンサルタントができると思います。これらの会計系の資格と弁理士のダブルライセンスをお持ちの先生は大変少ない一方で、このような知的財産権の価値評価を求められることは多くなると予想されます。

弁理士と会計系資格のダブルライセンスがあれば、より仕事の幅を広げられるでしょう。

2. 他の法律系資格との相乗効果

弁護士の資格を持っている方は、日本弁理士会に登録すると弁理士になることができます。また弁理士試験に合格後、司法試験合格を目指し、法科大学院に進む方も少なくありません。

特に、バックグラウンドが理系で弁護士および弁理士の資格を有したダブルライセンスだと、特許権に関する訴訟では、その存在感を遺憾なく発揮することができます。

特許権の事案は複雑かつ最新の技術情報をアップデートしながら取り組む必要があり、よりクライアントに貢献できる仕事ができるからです。

知的財産権は、権利を取得することで競合他社を牽制する効果がありますが、やはり権利を行使してこそ知的財産権の独占排他性を発揮できるものです。したがって、訴訟と知的財産権は切り離せない関係にあります。

知的財産権は理系の側面を持ちつつ、法律知識が必要なので、弁護士と弁理士のダブルライセンスは最も相乗効果を発揮する組み合わせとも言えます。

▼弁護士について気になった方は以下のWebサイトをご参考ください。
『弁護士になるには』
資格スクエア‐司法試験とは
資格スクエア‐司法試験予備試験とは

3. 語学系検定でグローバルに飛躍できる

資格やライセンス、という訳ではございませんが、語学スキルがあるとよりグローバルに活躍できます。グローバルに活躍できる、ということは、仕事の幅が広がり、より知的財産業務の醍醐味を味わうことができると思います。

英語が堪能な弁理士は、クライアントにとっても安心してお仕事を任せられる存在になります。

日本経済が取り巻く環境は、日本の少子高齢化にともないマーケットを外国に移しつつあるのが現状であり、知的財産業務のグローバル化は急速に進んでいます。

弁理士において、そこそこ英語が話せる、という先生は多いですが、堪能の域に達している先生はそんなに多くありません。まずはTOEIC900以上、さらには英検1級程度の英語力があればクライアントから一目置かれる存在になれると思います。

弁理士カテゴリの最新記事