弁理士はどのような仕事内容か?

弁理士はどのような仕事内容か?
弁理士はどのような仕事内容か?|弁理士試験|資格スクエア

【目次】

特許庁へ代理人として手続きする

出願するために申請書を作る

出願した後も拒絶理由通知に対応する

会社内の弁理士の仕事内容

 

弁理士はどのような仕事内容でしょうか?
ここでは、弁理士の仕事内容についてご紹介しましょう。
 

特許庁へ代理人として手続きする

多くの弁理士は、特許事務所で仕事をしています。
特許事務所で仕事をしている弁理士の最も代表的な仕事内容としては、知的財産である意匠や特許というようなものを権利化する場合に支援することです。
特許庁へ出願することが知的財産を権利化するためには必要ですが、この手続方法は非常に煩雑です。
そのため、発明者の代理人として、深い知識を知的財産権について持っている弁理士が、権利の有利なものが取れるようにします。
 

出願するために申請書を作る

知的財産は、出願しても登録に必ずなるということではありません。
発明者から弁理士が依頼されると、世の中に似たような発明がないか、特許になるような技術であるかなどを調べて、権利化ができるか鑑定することからまず始めます。
特許になると判断できれば、申請書を作ります。
申請書は膨大な数になり、しかも不備があれば特許を他社に侵害される可能性もあるので、綿密に作ってその特許の価値を保護するようにします。
そのため、技術関係の特許申請の場合には、技術的な専門の知識が相当要求されます。
特許申請は、日本国内以外に、外国へも出願する場合があります。
そのため、英語力や海外の法律についても場合によっては必要になります。
 

出願した後も拒絶理由通知に対応する

特許庁の審査官が出願案件について審査を一件ごとに行って、くまなくその正当性などを確認しますが、拒絶理由通知が場合によっては出ることもあります。
拒絶理由通知がもし出ると、専門的な検討を弁理士は行って、補正書や意見書という書類を作ります。
出願した後でも、審査に何とか受かるように責任をもって最後まで行動する必要があります。
このような補正書や意見書で審査に受かると、権利がやっと取得できます。
一連のこのような仕事は、細かく見れば非常に大変で、どのようにすれば審査に受かるか、権利をより有利なものにするにはどうすればいいか、などを常に弁理士は考えます。
 

会社内の弁理士の仕事内容

一方、弁理士の中には、特許事務所以外に会社内で仕事をしている人もいます。
会社内で仕事をしている弁理士は、特許事務所で仕事をしている弁理士と少し仕事内容が違っており、基本的に仕事を自社のために行います。
競合している他社特許を調べたり、技術を調べたり、発明者から出された考えの新規性を調べたり、自社の出願の手続きをしたり、特許戦略を立てたりするなど、幅広く仕事を行っています。
 
 
 
 

弁理士カテゴリの最新記事