弁理士試験勉強法―総論―

弁理士試験勉強法―総論―

弁理士試験勉強法―総論―|弁理士試験|資格スクエア
弁理士試験に短期間で合格するためには、効率的に勉強することが大切です。しかしながら、そのような勉強法を知る機会は、身近に受験経験者でもいない限りあまりないかと思います。

そこで、今回は弁理士試験を受けるにあたり「これだけは押さえておきたい」という勉強の方向性についてご紹介します。これらを参考にして短期合格を目指しましょう。

1 科目ごとの全体像を把握する

どの資格試験にもいえることですが、試験勉強をするときは、勉強する科目を完全に理解する前に、簡単に全体の仕組みが説明できるようになりましょう。1つ1つを完璧に理解するよりも、まずは全体の仕組みを把握したほうが、実は合格の近道になります。

なぜなら、弁理士試験のような難関資格の科目は、1つ1つの範囲が広大なため、初めの部分だけを読んでもよくわからず、全体を一度把握して初めて理解できるというケースがとても多いからです。

また、1つ1つを完璧に理解しようとしてそれぞれに時間を掛けすぎてしまい、試験範囲が全部終わらずに試験当日を迎えてしまうという危険もあります。試験合格の可能性を高めるためには、まずは科目の全体像を不完全でもいいから理解し、試験当日までの残された時間で可能な限り完璧に近づけていくといった考え方が大切です。

2 問題演習を中心に勉強する

全体像を何となく把握した後は、問題演習を中心に勉強することが大切です。基本書や予備校のテキストを読む勉強と、試験の過去問や予備校の問題を演習する勉強があるかと思いますが、時間のない人は後者を優先しましょう。

なぜなら、過去問等の問題は、弁理士試験のゴールが書いてあるものだからです。つまり、その問題が解けるようになれば合格するということです。ということは、そのゴールに書いてある知識を優先して勉強することが合格の近道になります。

過去問を解いた後、その過去問に対応する部分の基本書等を読む勉強を行うことで、より効率的な勉強が可能になります。

3 条文を大切にする

弁理士試験は、法律の知識が問われます。こういった法律系の試験では、何よりも条文を大切にして下さい。

試験勉強では、基本書や予備校のテキストを用いて勉強することが多くなると思いますが、これは結局条文を理解するために行われるものです。弁理士試験は、条文の細かい部分まで聞かれる試験です。基本書等で勉強した後は、必ず対応する部分の条文を読んでおきましょう。

弁理士カテゴリの最新記事