弁理士試験の勉強法 ― 商標法 ―

弁理士試験の勉強法 ― 商標法 ―
弁理士試験の勉強法 ― 商標法 ―|弁理士試験|資格スクエア

商標法は、意匠法と同様に、特許法との違いを意識して勉強することで試験に必要な知識を効率よく習得することができます。特に商標法は、産業財産権法の中でも、特許法や意匠法とは本質が異なります。そのため商標法では、特許法と同じ制度であってもその背景が異なっていたり、本質が違うからこそ特許法にはない制度が設けられたりしています。商標法を勉強する際は、これらの点に注意が必要です。

1 保護対象の違い

まずは、特許法や意匠法と、商標法との保護対象の違いを理解することが大切です。

商標法の保護対象は、そのマークに化体した業務上の信用にあります。つまり、マーク自体は文字をただ選択して表示するものに過ぎないため、それ自体に保護価値はありません。そのマークをどの企業が使用しているかを識別できることに意味があるのです。このような識別機能は、そのマークに企業に対する信用が積み重なった結果生じます。

これに対して、特許法や意匠法の保護対象は、発明や意匠といったようにそれ自体の「創作」について価値を見出しています。これは、選択物から作成された商標(マーク)とは大きく異なる点です。

このような違いから、商標にはその商標の作成者についての保護の規定はありません。

2 商標の持つ4つの機能

次に、このような商標を使用することにより生じる商標特有の機能について理解しておきましょう。商標の機能には、自他識別機能出所表示機能品質保証機能宣伝広告機能といったものがあります。

これらの機能が発揮される態様でマークを使用することで、商標の保護対象である「業務上の信用」が蓄積されることになります。そのため、これらの機能を発揮しないマークは、そもそも商標法上で保護を受けることはできませんし、誰かのマークを勝手に使ったとしても、これらの機能を発揮しなければその商標権の侵害とはなりません。

このように、商標の登録要件や侵害の認定などを考えるときには、上述した4つの機能が発揮されているかを基準に判断することで正解を導くことができます。

そのため、商標を理解するためにはこれらの機能を理解することは必須になります。

3 保護対象と機能

商標を勉強するときは、上述した保護対象と4つの機能を常に頭の片隅において勉強するようにしましょう。

商標法の制度を勉強するときは、その制度は4つの機能のうちどの機能を補完するために設けられた制度であるのかその制度を設けることでどのように業務上の信用が化体されていくのか、といったことを意識することで知識の定着度を上げることができます。

弁理士カテゴリの最新記事