弁理士に向いている人はどんな人?弁理士の「適性」を解説!

弁理士に向いている人はどんな人?弁理士の「適性」を解説!

はじめに
弁理士試験を考えていらっしゃる方、もしくは受験勉強中の方にとって、少々不安になるのが「私って弁理士に向いているのかな?」という“適性”についてではないでしょうか。

今回は、弁理士の適性、向き不向きについてお話ししたいと思います。

弁理士の業務と言えば、特許庁に提出する出願書類の作成や、特許庁から届く拒絶理由通知に対する応答書類を作成することが思い浮かびますね。

弁理士の業務のほとんどは、パソコンに向かって文字を打つ仕事であるため、一見地味な職種に感じられます。しかし、そう見えて実は攻撃的な職種であったりするのです。

今回は、どんな人が弁理士に向いているか、弁理士の業務を紹介しながらお話したいと思います。

弁理士の適性があるのはどんな人なのでしょうか?

1 弁理士の仕事にやりがいを感じる人

弁理士になっても、自分の性格やスキルに合っていなければ、辛い仕事をし続けることになり、かなりのストレスになります。

弁理士の仕事にやりがいを感じる人はどんな人なのでしょうか。ここでは弁理士の仕事の適性について解説していきます。

 

(1)好奇心があって、新しいものに興味がある人

弁理士は常に新しいことに触れることができます。

例えば、特許権を取得しようとする発明は、新規性、進歩性の条件が満たされているため、特許出願される発明は、「世界で一番新しい技術」といえます。また、意匠であれば「世界で一番、新しいデザイン」を見ることができるというわけです。

弁理士は毎日のように発明者から特許出願の相談を受けています。そして、弁理士の仕事は、それが世界で一番早く完成していることを説明するために、出願書類を作成し、特許庁に提出することです。

特許事務所に所属していれば、いろいろな業種のクライアントと仕事をすることになりますので、多種多様の新製品から「世界で一番新しい技術」に触れることができます。依頼の際にクライアントから新製品の説明を受け、その製品のどこに新しい技術的思想があるかを考えることが必要になってきます。

弁理士の仕事は、毎日が新しいことの連続であり、かつ技術を文章化するというクリエイティブな仕事ですので、好奇心がある人や新しい技術に興味がある人に向いているといえます。とにかく新しいものが好きな人にとっては、弁理士の仕事は毎日が刺激的で楽しいものになることでしょう。

 

(2)ニュースのチェックは欠かさない、勉強好きな人

上記の通り、毎日のように新しい技術に触れることができるのが弁理士の仕事の醍醐味です。

さらに、出願書類を作成する上では先行技術を記載する必要がありますので、クライアントから新製品発売の背景や市場の動向をヒアリングすることも必要になってきます。その際、クライアントと世界の経済動向を議論することも少なくありません。

このように、技術的な情報だけでなく、経済的な情報も弁理士の仕事では役立つので、新しい情報を収集することが好きな人、日本だけでなくグローバルな視点で情報収集が得意な人にはぴったりな仕事です。

また、特許法をはじめ法律全般にいえることですが、時代に合わせて法改正が行われます。法改正とは、法律の一部の内容が変わることです。法改正されると実務にも影響があるので、弁理士は常に最新の法律内容をアップデートする必要があります。

また、知的財産に関する事件に対して最高裁判所が判例を出すと、特許庁の審査基準が変わる場合もあるため、日ごろから判例や審査基準の変更に気を配る必要があります。さらに、すぐにクライアントからの相談に乗れるように、日ごろから自分自身が専門とする技術分野について勉強をしておかなくてはなりません。

このように、弁理士は、法律的側面と技術的側面から専門家として十分な知識を備えるべく、日々、勉強しなければなりません。

(3)細かいところまで気になる、聞き上手な人

弁理士の仕事は書類作成が中心、と思っていませんか。もちろん、書類作成が主要な業務ですが、それよりももっと重要な仕事があります。それは、発明者から発明のポイントを聞き出すことです。

発明者から発明のポイントを引き出す過程は、人の話を聞かない人にはまず無理な仕事です。一方、人の話を聞くのが好きな人は、「相手が何を言いたいかをもっと知りたい」という要求があるので、発明者との会話も弾みます。

発明者との会話が弾めば弾むほど、明細書の内容は充実します。レベルの高い明細書が作成できれば、発明者からの信頼も厚くなり、次の仕事につながっていきます。

また、特許庁の出願書類は、大量の文章で構成されています。技術分野によっては、出願書類が数百ページになる明細書や図面からなる場合もあります。

このように弁理士は日々、大量の書類と向き合うことになるのですが、少しでも誤記や図面の間違いがあれば、権利範囲に影響してしまいます。つまり、弁理士の仕事は、誤字脱字や図面の間違いといった細かいミスも許されないデリケートな仕事なので、弁理士業務は何かと心配性な方や細かいことまで気にする方にぴったりです。

(4)ときに攻撃的で、相手の裏をつける人

特許庁に出願書類を提出しただけでは特許権は取得できません。特許庁に出願書類を提出し審査請求をすると、特許庁が「この発明は特許権を付与するべき高度な技術なのか否か」を審査します。

審査過程では、特許庁から拒絶理由通知というものが届き、この拒絶理由通知には、「既に公開されている刊行物等とこの発明はほとんど同じなので、特許権を付与することはできません。もう一度、権利範囲を考え直してください。」といった内容が書かれています。

ここで、弁理士は、「既に公開されている刊行物等と今回の発明はこんなところが違って、こんなところがすばらしいです」という意見書等を特許庁に提出することになります。

つまり、弁理士は、特許庁の審査官の主張の「間違い」を見出し、主張することが仕事になります。

相手の思ってもいなかったところを突くという攻撃性をもって書面を作成することが仕事になりますので、弁理士の仕事は、相手の想定外なところを見つけると心地よいと思う、少し攻撃的な側面も持つ人にぴったりです。

権利化の過程で避けては通れない特許庁からの拒絶理由通知の対応の時にその性格の長所が発揮できるでしょう。特許庁からの拒絶理由について如何に反論するか、ギリギリの補正案を出していくか、ということも弁理士の仕事の醍醐味の一つですね。

(5)一人でコツコツ、作業好きな人

交渉事や関係者と調整を行い大人数でプロジェクトを実行する、といった仕事よりも、調べもの、入力作業をすることや一人で業務が完結する仕事が好きな人は弁理士の仕事に向いているといえます。

弁理士の仕事は、発明者から発明を聞きだし、その情報を文章化する、という特許等の出願書類の作成業務がメインとなります。情報を文章化し出願書類を完成させる過程は、一人でコツコツ文章を組み立てる作業の積み重ねです。

もちろん、発明発掘から特許庁への特許出願手続完了までを一人で行うことは少ないですが、弁理士の仕事は、他の職種に比べて一人で完結する業務が多いので、一人でコツコツ作業をすることが好きな方に向いています。

2 こんな人はちょっと無理かも!?弁理士に不向きな人

次は、こんな人は弁理士になってもやりがいを感じることは少ないかも、という例です。

弁理士の仕事は、勤務場所を特許事務所にするか、一般企業にするか、という組織形態の選択の他、働き方や取り組み方の自由度が比較的ある職業なので、よほどこだわりがある方でなければ、やりがいがある仕事だと思います。

しかしながら、「自分は百点満点。もう努力しなくても何でもできると思っている」という人においては、弁理士の仕事は不向きだと思います。

また、弁理士の仕事は、日々の技術発展や法改正についていかなければならない上、グローバルなコミュニケーションが要求されるため語学の勉強も不可欠です。

弁理士の仕事は日々の研鑽が必要ですので、「私は百点満点」と思っている人には不向きな職業でしょう。

3 サマリー

いかがだったでしょうか。

本記事では弁理士の仕事に向いている人の5つの特徴を紹介しました。弁理士に向いている人の特徴に当てはまる部分はありましたか? できれば自分の性格に合う仕事をしたいですよね。

4 まとめ

・弁理士の仕事は、毎日が新しいことの連続であり、好奇心がある人や新しい技術に興味がある人に適性あり。

・経済的な情報も弁理士の仕事では役立つので、様々な新しい情報を収集することが好きな人に適性あり。

・弁理士の仕事は、誤字脱字や図面の間違いといった細かいミスも許されないデリケートな仕事なので、弁理士業務は細かいことまで注意を向けられる方に適性あり。

・弁理士の仕事は、相手の想定外なところを見つけると心地よいと思う、少し攻撃的な側面も持つ人に適性あり。

・調べもの、入力作業をすることや一人で業務が完結する仕事が好きな人は弁理士の仕事に適性あり。

・「自分は百点満点。もう努力しなくても何でもできると思っている」という人においては、弁理士の仕事は不向き。

弁理士カテゴリの最新記事