今や働き方改革全盛期!弁理士の在宅勤務の状況

今や働き方改革全盛期!弁理士の在宅勤務の状況

 

今や働き方改革全盛期!弁理士の在宅勤務の状況|弁理士試験|資格スクエア

【目次】

意外と先進的!特許事務所の在宅勤務の取り入れ方

在宅勤務でキャリアを止めない

企業で働く弁理士の在宅勤務状況

 

働き方改革が全国的に取り組まれる中、弁理士の仕事は一歩先に進んでいるともいえます。

つまり、以前から在宅勤務は多くの特許事務所で取り入れられているからです。

今回は、弁理士の在宅勤務の状況についてお話ししたいと思います。

 

意外と先進的!特許事務所の在宅勤務の取り入れ方

特許事務所は個人経営が多く、「昔ながらの保守的な働き方では」と思っていませんか。

特許事務所の規模は、1名から数百名の社員数を擁する特許事務所まで規模は様々ですが、少人数の特許事務所だから昔ながらの働き方、というわけではございません。

むしろ、少人数の特許事務所の方が、個人の裁量に任される場合が多いです。

もちろん、弁理士資格を有している場合、という限定がある場合が多いようです。

なぜ弁理士の仕事は個人の裁量に任される場合が多いかといいますと、仕事が比較的、一個人で完結する場合が多く、また、必ずしも朝の9時から午後の6時まで会社にいなければならない仕事ではないからです。

仕事の性格の観点から見ると、弁護士の仕事に近いと思います。

弁理士の仕事は、クライアントとの打ち合わせも重要でございますので、クライアントの会社まで赴くことも多くあります。

この点では、いわゆる一般企業の内勤の職種よりも外出や出張が多いことが特徴でもあります。

しかしながら、このような外出は毎日あるわけではありませんし、自分のスケジュールにあわせてクライアントとアポイントを取り、クライアントの要望の納期までに明細書等を納品することになりますので、自分の都合に合わせてスケジューリングできることが弁理士の仕事の魅力の1つとも言えます。

このように弁理士の仕事は、クライアントの要望に沿った明細書や意見書を作成することが中心でございまして、書類作成は自宅でもできます。

このような自由度がある職種はあまりないので、特に子育てや介護に直面した時にそのありがたさがわかります。

 

在宅勤務でキャリアを止めない

社会人として経験を積む上で回避したいことの1つに「キャリアを止めない」ことが挙げられます。

例えば、育児世代にとって、一般的な育児休暇や時短制度を活用しても、キャリアを止めなければならない人は数多くいます。

理由は様々ですが、やはり、日本の企業ではまだまだ働き方の多様性が受け入れられていないことが要因の1つだと思います。

また、働き方改革の取り組みは政府の重要政策の1つですが、実際に働き方の多様性を認めている企業は大企業やベンチャー企業など、限られた組織に留まっているのが現状ではないでしょうか。

そんな働き方改革が社会の取り組みになっている一方、弁理士という仕事は、以前から在宅勤務が比較的認められてきた職種といえます。

特許事務所によって条件は異なりますが、一定のセキュリティ条件下で在宅勤務を認める特許事務所は数多くあります。

弁理士資格があると、多様な働き方を認めている特許事務所を選べることができますし、在宅勤務が認められていれば、例えば育児や介護を理由に会社を辞めるリスクは比較的回避しやすいと思います。

自分が希望する働き方を選べるのも弁理士資格の長所の1つと言えるでしょう。

 

企業で働く弁理士の在宅勤務状況

企業で働く場合、弁理士資格の有無に関わらず、就業規則は同じです。

働き方の多様性を受け入れる会社は多くなってきていますが、就業規則で在宅勤務が認められていても、職場の雰囲気や上司の考え方により「在宅勤務しにくい」状況もまだまだあるのが現実です。

しかし、弁理士ならではのアウトプットができれば在宅勤務を認めてもらえる可能性も高まりますし、弁理士資格があれば転職も選択肢の1つに入れることができます。

弁理士資格があれば、仕事の仕方の選択肢を増やすことができますね。

 

弁理士カテゴリの最新記事