弁理士とは ― 著作権―

弁理士とは ― 著作権―


著作権とは、みなさんの思いや考えを表現したもの(著作物)を保護する権利のことをいいます。身近な例としては、ミュージシャンの作曲した音楽や作家が執筆した文章といったものはもちろんのこと、あなたが何気なく書いた落書きまでにも著作権が発生します。

このように、著作権は知的財産権の中でも皆さんの生活に直接関わってくる権利であるといえるでしょう。そのため、権利関係のトラブルを未然に防止するためにも著作権の基本的な枠組みについては知っておく必要があります。

1 著作権はいつ発生するの?

著作権は、著作物を創作した瞬間、その創作をした人(著作者)に発生します。これは、特許庁の審査に合格しないと権利が発生しない特許権、意匠権、商標権とは大きく異なる部分です。

また、特許権等は、例えば特許権という一つの権利として保護されていますが、著作権は様々な権利を包含する権利であることに注意が必要です。具体的には、著作権は著作者人格権著作財産権に大別され、それぞれ権利ごとに保護の内容が異なります。

そのため、誰かの著作物を使用しようとするときは、その使用内容の権利を誰が持っているのかをしっかり把握して、その人に使用の許可をもらう必要があります。

2 著作者人格権と著作財産権

著作人格権は著作物を創作した著作者の名誉を保護する権利です。そのため、この権利は著作者以外の人が手に入れることはできません。

権利の種類としては、著作物の公表時期を決定できる公表権、著作物に著作者名を表示するかを決定できる氏名表示権、著作物の内容や題名を勝手に改変されないようにする同一性保持権があります。これらの権利は原則著作者の死亡とともに消滅しますが、一部の範囲は著作者の死後も保護されます。

一方、著作財産権は著作物を活用する際の財産権としての意味を持ちます。そのため、誰かに移転することが可能で、それぞれの権利を別の人が所持しているなんてことも珍しくありません。

権利の種類としては、著作物の複製を禁止する複製権、著作物の上演、演奏を禁止する上演権・演奏権、ネット上に著作物を配信することを禁止する公衆送信権など、様々な権利が存在します。これらの権利は、原則著作者の死後50年まで存続します。

3 著作物利用上の注意

近年、違法ダウンロードなど著作権のトラブルが多発しています。他人の著作物を使用するときは、まずは自分の使用内容が著作権のうちの何権に該当するかを確認しましょう。その上で、その権利を持っている人に許可をもらってから使用するようにしましょう。

一方、他人の著作物であっても、個人的な使用の目的であれば、許可を受けずに使用することが可能です。ただし、最初は個人的な使用の目的であったとしても、それを友達等に販売したりすることは著作権の侵害となってしまいますので注意が必要です。

また、文章等を作成する際に引用元を明示することで、許可をもらわなくても他人の著作物の一部を自由に引用することも可能です。

弁理士カテゴリの最新記事