”文系ならでは!”の弁理士の醍醐味

”文系ならでは!”の弁理士の醍醐味
”文系ならでは!”の弁理士の醍醐味|弁理士試験|資格スクエア

弁理士は別名、理系の弁護士、と言われるほど技術系の仕事が多いイメージがありませんか?

弁理士が扱う知的財産権に関する法律は、主に特許法、実用新案法、意匠法、商標法、不正競争防止法及び著作権法であり、実は理系の弁理士が扱う法律は特許法及び実用新案法になります。つまり、文系の方は、残りの意匠法、商標法、不正競争防止法及び著作権法で文系ならではの仕事ができるわけです。

今回は文系ならではの弁理士の仕事を紹介したいと思います。

1 ”文系ならでは”の得意分野をさがそう

文系だから弁理士資格を取得しても仕事がないのでは、と不安に思われる方も多いと思います。確かに弁理士の主な仕事は特許出願である、と思っていらっしゃる方にとっては、特許出願の仕事においては携われる技術範囲は限られると思います。

しかし、知的財産権は特許権に限られません。

製品を世に送り出すときは、必ず商標登録出願を行いますし、昨今は特許庁が「デザイン経営」をすすめており、意匠権の重要性が増しています。さらに、マーケットのグローバル化はとどまる気配はなく、マーケットに占める越境ECの割合が増えてきており、国際的な模倣品の対策も必要とされてきています。

このような状況の中、文系のバックグラウンドを持っている弁理士はどのように仕事をすればよいでしょうか?

まず、文系の弁理士のキャリアの王道の1つとして商標専門の弁理士になることが考えられます。

商標は類似範囲の考え方をはじめ、非常に奥が深い法域です。また、商標を登録することは製品の販売戦略の中で重要な位置を占め、企業間の争いがもっとも激しいといっても過言ではない分野になります。

さらに、グローバルにビジネスを進めることにおいては、国際的な商標戦略を推し進めることは必須であり、クライアントにいかに強い商標戦略を提案できるかが弁理士に期待されている業務でもあります。

また、商品のスペック(仕様)が一定のレベルに達成した商品については、企業間の競争は、技術面からデザイン面へシフトしつつあります。デザインで競合他社を凌駕する製品をいかに早く市場に送り出すことができるか、がB to Cの企業にとって重要であることは言うまでもありません。

このように、昨今のビジネス環境においては、むしろ文系の弁理士の方が専門性を磨くことにより活躍できる場が多くなってきているのではないでしょうか。従来の「弁理士は理系の弁護士」という思い込みを捨て、文系ならではの専門分野を見つけてみましょう。

2 「文系だから」と、こだわらない

繰り返しになりますが、弁理士は理系の弁護士、というイメージが強いですが、あえて法律に関する仕事にこだわらない、という仕事の仕方もあるのではないでしょうか。

弁理士として知的財産権の専門家としての素養があることはあらゆるビジネスで活用できると思います。

例えば、企業で出願業務や調査業務にこだわるのではなく、知財戦略を立案し、実行するプロジェクトマネージャー的な存在になる、とか、文系の方が多い経営層と知的財産部門をつなぐ役割を担う、などなど、弁理士になる前の経験を生かしたり、アイデアを練ったりするキャリアの積み方も十分に考えられます。

3 幅広い素養をもって文系弁理士として成功しよう!

文系で期待されることは、理系の苦手な部分をフォローできる、ということではないでしょうか。

例えば、理系の方の中には、語学が苦手な人が意外と多いです。英語でコミュニケーションができれば特許事務所だけでなく企業でも重宝されます。

また、法学部出身であれば民法や会社法といった基本となる法律に精通していることがアドバンテージになりますので、法務部門と知的財産部門の橋渡し的に存在になれると思います。

学生時代のバックグラウンドに縛られることなく、社会人になってからも幅広く専門性を養うことが弁理士として成功する近道ではないでしょうか。

弁理士カテゴリの最新記事