独立!転職!弁理士資格で広がるキャリアパス

独立!転職!弁理士資格で広がるキャリアパス
独立!転職!弁理士資格で広がるキャリアパス|弁理士試験|資格スクエア

弁理士資格があると、どんな世界が待っていると思いますか。

独立開業? 社内で出世? それとも世界を相手に活躍するビジネスマン?

答えはすべて正解です。弁理士資格を持つことで、あなたが望む生き方に一歩近づくことができます。

今回は、弁理士資格を取得した後に広がるキャリアパスについて、お話したいと思います。

1 弁理士資格でキャリアパスが広がる

弁理士資格を持っていると、仕事の幅、つまり新しい仕事と出会えるチャンスが広がります。なぜなら、国家資格という国からのお墨付きを持つことで、あなたへの仕事における信頼が増すからです。これはつまり、弁理士資格の取得によって様々なキャリアパスを描くことができることを意味します。

例えば、特許事務所に勤務している場合は、クライアントから出願書類の作成だけでなく、産業財産権に基づく権利行使についての相談を受けることがあります。また、一般企業に勤務している場合は、知的財産に関する契約書や訴訟の実務を任されることもあります。

(1)弁理士資格で「独立開業」

弁理士登録後、日本弁理士会に届け出ることで特許事務所を開業することができます。長年、特許事務所で明細書業務の経験を積んできた方においては、一度はあこがれるのが「独立開業」というキャリアパスです。

自分自身が出した成果、つまりクライアントから頂く報酬はすべて自分の収入になります。専門的な業務を行うだけでなく、会社経営というマネジメントも経験できます。いわゆる一国の一城の主、になれるわけです。

弁理士試験に合格後、特許事務所の開業を目指す場合は、現在の会社のメンバーと良好な人間関係を築いておくことが重要となってきます。知的財産の業界はとても狭いものです。特許事務所に勤務している方が独立する場合は、日本弁理士会に所属する限り、現在の特許事務所の所長先生や弁理士と会う機会が出てきます。

また、一般企業に勤務している方が独立する場合、あなたの今までの仕事ぶりを上司が評価してくれれば、古巣の企業がクライアントになる場合もあります。

(2)弁理士資格で「転職」

弁理士資格を持つと、希望の就労条件で仕事に就ける確率が格段に上がります。弁理士資格は国家資格であり、知財業界でもっとも信頼される客観的な事実だからです。すなわち、「転職」を通じて”より良い”キャリアパスを選択できるようになるのです。

また、少なくとも産業財産権の法域についての知識は十分あることが証明されていますので、未経験者であっても知財業界に飛び込みやすくなります。

以前に比べ弁理士有資格者の人数は増加しておりますが、まだまだ弁理士有資格者の人数は、知財に携わる人数に比べ少ないです。この弁理士資格の「希少性」が転職市場では大きな武器になります。

2 弁理士資格で仕事の幅が広がる

独立開業や転職ではなく、職場を変えずに仕事の幅を広げるキャリアパスも見てみましょう。

(1)特許事務所で働き続ける

独立開業や転職ばかりに目が行きがちですが、「同じ会社で働き続ける」というキャリアパスも当然ながら存在します。

特許事務所に勤務している場合は、パートナー弁理士やグループの責任者に抜擢される可能性が出てきます。日ごろの業務姿勢に加えて国家資格を取得することで、クライアントからの信頼が増すからです。パートナー弁理士になることができれば、特許事務所の経営に携わることができます。

また、弁理士登録により受験資格が得られる特定侵害訴訟代理業務試験(いわゆる付記試験)に合格すれば、特定侵害訴訟の訴訟代理人として訴訟業務に携わることができます。

▼参照:特定侵害訴訟代理業務試験について
特許庁-特定侵害訴訟代理業務試験の案内

(2)一般企業で働き続ける

一般企業においては、知財部門以外の職種の方であっても、知財部門への異動が叶いやすくなります。また、すでに知財部門に勤務している方は、発明発掘だけでなく訴訟実務まで任せられる可能性があります。

さらに、組織のマネジメントを任されることもあり、課長、次長、そして部長へと出世の道を歩むこともできます。

3 ダブルライセンスを目指す

弁理士資格だけでなく、弁護士、公認会計士や税理士資格を併せて持つ”ダブルライセンス”で、仕事の幅と業務への信頼が一段と高まります。

例えば、近年は産業財産権そのものの価値を経済的指標で評価する取組みが活発に行われています。このような分野では弁理士だけではなく、公認会計士や税理士資格を併せて持つ先生方が活躍されています。

また、いうまでもなく、産業財産権の侵害訴訟においては、弁護士と弁理士の両資格を持つ先生方が、訴訟実務の第一線で活躍されています。

4 グローバルなキャリアパスを選ぶ

弁理士資格を有することで、日本の特許事務所や一般企業だけでなく、海外の特許・法律事務所への転職というグローバルなキャリアパスを選ぶことができるようにもなります。

また、国境を越えた業界(士業)団体があることも弁理士の特徴の一つです。

このような業界(士業)団体では年に1回程度、総会が開催され、会員相互の交流の場となっています。このような士業団体に参加することにより、海外の知財情報を収集できるだけでなく、海外の特許事務所との連携を深めることができます。

▼参照:国境を越えた弁理士団体
◎アジア弁理士協会(APAA) 日本部会
◎国際弁理士連盟(FICPI) 日本協会
◎International Trademark Association(INTA)

弁理士カテゴリの最新記事