弁理士とは ― 商標登録出願 ―

弁理士とは ― 商標登録出願 ―

商標とは、業務で取り扱う商品やサービス(役務)の提供元が自分であることを示すマークのことをいいます。商標を使用することで、自分の商品やサービスを他の業者のものと区別することができるようになります。

このように、自分の商品やサービスを他の業者と明確に区別することで、「あそこの商品はとてもいいものだ」といったように、あなたの業務について顧客の信用が蓄積されていきます。

こうした自分の努力によって顧客の信用が蓄積された商標と同じ、または似たものを、誰かに勝手に使われてしまうのは困りますよね。こんな時、商標について商標権を取得しておけば、第三者が自分の商標を使用することを禁止することができます。

1 商標登録出願をするには

商標権を取得するためには、特許庁に対して商標登録出願をする必要があります。商標登録出願された商標は特許庁により審査され、審査の結果、商標権を与えるに値する商標であると認められた商標について商標権が付与されます。

商標登録出願にあたっては、商標と指定商品・役務を記載した願書を特許庁に提出する必要があります。商標は、現在使用しているか又は将来的に使用する予定のあるものを記載しましょう。

また指定商品・役務には、記載した商標を使用する商品・役務を指定しましょう。商標権を取得したからといって、指定していない商品・役務についてまで権利が及ぶわけではない点には注意が必要です。

2 商標の保護対象

商標には、文字商標や、図形商標、商品の形状である立体商標、これらを組み合わせた結合商標等、様々な標識を商標として保護することが可能です。近年では、動きホログラム色彩のみ位置等を商標として保護することができるようになり、商標権を取得できる商標の幅が大きく広がりました。

ただし、保護対象に該当する商標であっても、他人が既に登録している商標や他人の業務と自分の業務を区別のできない商標については商標権を取得することができません。

商標登録出願を行うときは、事前に本当に商標権を取得できる商標であるかしっかり検討してから出願するようにしましょう。もしわからないところがあれば、弁理士に相談してみることをお薦めします。

3 商標権による保護期間

特許庁の審査で問題のなかった商標については、特許庁から登録査定の書類が送られてきます。登録査定の後、特許庁に登録料を納付することで、めでたく商標権が発生します。

商標権は10年ごとに権利の更新期限が設定されており、その都度更新の手続を行うことで、商標権は半永久的に存続させることができます。

商標権は一度取得すれば、あなたが業務に継続的に商標を使用する限り、永久にあなたの業務上の信用を保護してくれるのです。

弁理士カテゴリの最新記事