弁理士の将来性は期待できる?

弁理士の将来性は期待できる?

 

弁理士の将来性は期待できる?|弁理士試験|資格スクエア

【目次】

弁理士を取り巻く環境

弁理士である、ということ

仕事の幅を広めるかどうかはあなた次第

 

弁理士試験に挑戦している、もしくは弁理士に興味をもっている皆さんにとって、「弁理士」という仕事の将来性について気になるところではないのでしょうか?

弁護士や公認会計士という最難関資格を有していても必ずしも仕事に恵まれるわけではないと言われる昨今、同じく最難関資格である弁理士はどうなのか大変心配ですね。

今回は弁理士の将来性についてお話したいと思います。

 

弁理士を取り巻く環境

弁理士試験に合格した人は、全員、弁理士登録するのでしょうか?

答えは「否」です。

弁理士試験に合格しても、日本弁理士会に登録しない、つまり「弁理士」としては仕事をしない人が多く存在します。

特許事務所に勤務している場合は、ほぼ100%、日本弁理士会に登録することになりますが、企業に所属している場合は登録料を企業が負担してくれず、弁理士として登録しないケースも多くあります。

企業の場合、「弁理士」の資格がなくても、会社の仕事はできるため、弁理士の登録料を払わないことが多いようです。

もちろん、転職で入社する場合は、入社の条件として「弁理士登録を会社が負担してくれること」を会社と交渉しておくことも考えられますね。

企業に所属する場合は、今も昔も企業で「弁理士として」仕事をすることは、会社にとってどのようなメリットがあるか、を会社としっかり話し合う必要があるようです。

このように、弁理士試験に合格しても「弁理士先生」とチヤホヤされることはありません。

 

弁理士である、ということ

弁理士というだけでチヤホヤされる時代は終わりました。

しかしながら、弁理士であるということは、超難関の弁理士試験を突破した、という根性論だけではなく、ご自身のアイデンティティーの一つを確立できるメリットがあります。

例えば、知らない人と名刺交換をしたとしましょう。

あなたの会社が超大企業であれば話は別ですが、B to Bの会社だったり、知る人ぞ知るニッチな分野の会社だったりする場合、あなたは誰なのか、あなたの仕事は何か、を説明することに結構な時間を要することになります。

しかし、「弁理士」という肩書きがあると、どのような組織に所属している人なのか、という観点ではなく、あなた自身の専門が知的財産に関するものであって、今は○○という会社に所属している人、という見方をしてくれる場合が多いです。

これは、小規模な会社や特許事務所に所属している人は、特に「弁理士」という資格を取得することで実感できるメリットだと思います。

一方、弁理士として仕事をすることは、いつでも知的財産の専門的な助言を求められる場合がある、ということになります。

これを「え?急に言われても」とリスクと捕らえるか、チャンスと捕らえるかは個人の性格によりますが、常に勉強をしておかなければ「弁理士」として名乗る資格はないでしょう。

また、知的財産の知識だけでなく、英語や経営の知識も貪欲に吸収していかなければ時代の流れに取り残されてしまいます。

これは、弁理士の将来性を論ずるだけでなく社会人として求められる素養となってきています。

 

仕事の幅を広めるかどうかはあなた次第

職業の将来性、とはどのようなことでしょうか。

正直なところ、資格があるからといって生活が安泰することはありません。

これは、超難関大学を卒業しても希望の仕事に就けない人がいたり、超難関資格を持っていても、年収はサラリーマンの平均年収さえ達成できない人がいたりすることと同じです。

一方、これといって仕事に専門性がなかったり、資格がなかったりする場合は、自分のスキルにおいて武器が少ない分、希望の仕事に就くことが難しいのが現実です。

弁理士資格は、その肩書きを持つだけで知的財産権の専門家であることを表します。

弁理士であることで、社会から「チヤホヤ」される時代は終わり、むしろ知的財産に携わる以上は「必須」の資格になってきています。

逆に言えば、知的財産に関する仕事をしたい場合は弁理士試験に合格すればよいのです。

これからの社会においては、時代の流れの速さが指数関数的に早くなるでしょう。

弁理士試験に合格したら将来性は約束されるのか、ということを悩むより、必死で勉強して弁理士試験に合格し、その先でどのような仕事人生を送ろうか、と考えることで皆さんの将来は開けると思います。

試験勉強は苦しいものですが、継続して取り組み、超難関の弁理士試験に合格されるようお祈りいたします。

 

弁理士カテゴリの最新記事