日商簿記2級・3級は仕事で役立つ!

日商簿記2級・3級は仕事で役立つ!

日商簿記2級・3級は一般的な資格であるがゆえに、現場では大して役に立たないと思われがちです。
しかし、実際にはそのようなことはありません。

そもそも、日商簿記2級・3級はどのような意図で設けられている試験なのでしょうか。

日商簿記3級は、基本的な仕訳や勘定科目、財務諸表について学んでいくことによって、経理職にとって絶対に必要な知識ならびに商店などの経営管理ができるようなレベルに設定されています。

日商簿記2級は、高校程度の商業簿記及び工業簿記、株式会社の経営管理ができるようなレベルに設定されています。

一般的に、日商簿記2級・3級はそれぞれビジネスマンにとって必要不可欠なものと言えるでしょう。
日商簿記2級・3級のレベルを見てもそれは間違いありません。

では、実際にビジネスシーンにおいて使える日商簿記2級・3級の知識というのはどのようなものなのでしょうか。

今回は営業部、経理部、製造部でどう役立つか考えていきたいと思います。

1 営業部で役立つ日商簿記2級・3級

営業部での仕事は、取引先の経営状況を適切に判断することが重要です。

取引先の経営状況が適切に判断できれば、その取引先が問題のない企業かどうかがわかります。
また、IR情報などをしっかりと分析する事ができる様になります。
それにより、営業活動もスムーズに進むことになるでしょう。

このように、日商簿記2級・3級の知識は取引先管理や営業活動そのものにおいても十分に役立つ資格なのです。

2 経理部で役立つ日商簿記2級・3級

経理部の仕事は、毎日が仕訳の連続となりがちです。

大企業においては、必ずしもそうではないかもしれません。
しかし、経理部の方は簿記の知識に触れる機会が必ず出てきます。

経理部は基本的に、企業のお金の流れやストックを適切に管理していく必要がある部署です。
その際には、必ず簿記が重要な場面があります。
大企業においてはシステム化されている可能性も大いにありますが、システム化されているからと言ってその処理の意味がわかっていなければ、予想外の事態には対応できませんし、そもそも処理自体の意味を把握していなければ処理を覚えにくいこともあります。

年次が上がり、昇進するにつれて処理の意味を深く理解する必要があります。
この点からも、経理部での仕事に簿記2級・3級の知識は必須と言えるでしょう。

3 製造部でも役立つ日商簿記2級・3級

製造部では日商簿記2級の工業簿記の分野が特に役立ちます。

製造部は、現場でどれほどのコストがかっているか詳細にわかります。
それを理解し、コストを削減するための見当を付ける際には、簿記の知識が必須となってくるのです。

日商簿記検定カテゴリの最新記事