日商簿記2級・3級を持っていると就職に有利?

日商簿記2級・3級を持っていると就職に有利?

決め手にはならなくても、プラスの要素になってくれるのは間違いなし

日商簿記2級・3級を持っていると就職に有利?|日商簿記検定 | 資格試験対策なら資格スクエア

日商簿記2級・3級は学生さんの受験も多く、取得していれば就職に有利なのか、という疑問はかなりの頻度で耳にしますが、実際のところどうなのでしょうか。

これは簿記検定に限った話ではありませんが、はっきり言って「なんとも言えない」というのが現状です。
就職に有利かと言われれば間違いなくそうなのですが、しかし就職が保障されるかと言えば答えはNoなのです。

特に日商簿記は非常にメジャーな資格で知名度もそれなりにあるため、企業の人事に「おっ、持ってるねー」と思ってもらえるのは確かなのですが、それ以上の印象までになるかと言われると微妙なラインでしょう。
簿記知識を有していることは企業にとっても意義があるとはいえ、2級・3級となると結構な数の取得者がいるため、そこまで珍しく思ってもらえるということはなかなかないでしょう。

また、今日の採用活動は人物評価であるため、保有資格によって全てが決まるということはほとんどありません。
司法試験など独占業務のある資格は別ですが、日商簿記2級・3級では決め手というところまでいかないのです。

とはいえ、簿記資格を有していることが就職活動でプラスにはたらくことは確かでしょう。

まず単純に、簿記知識を持った人材は企業にとって価値がありますし、募集している業種によっては必須条件だという場合もあるため、就職先の選択の幅は広がります。
また、試験を受けたということや合格を目指して勉強し続けたということ、何かに一生懸命取り組んだということは人物評価につながると思います。

日商簿記2級・3級を有しているからといって必ず就職が成功するわけではありませんが、一つの内定に近づく手法であるのは間違いありません。
ちなみにこれは、転職活動についても同じことが言えます。

日商簿記検定カテゴリの最新記事