企業における簿記資格の活かし方

企業における簿記資格の活かし方
企業における簿記資格の活かし方|日商簿記検定 | 資格試験対策なら資格スクエア

資格は所詮資格であって実務とは異なるから資格を取得しても意味がない、と考える方も多いようです。
確かに、資格で学ぶことが実務にそのまま生きることは少ないでしょう。
簿記にしても、その企業独自の会計処理があるはずです。

しかし、だからと言って簿記資格を取得することに意味を見出さないのは間違いです。
もし、業務に必要がないのであれば、簿記資格がそもそもこれ程メジャーな資格となっていません。

メジャーな資格にはメジャーたる所以があるのです。
それは、簿記資格が業務にも有効であるということの証明にもなります。

それでは、企業において簿記資格がなぜ有効なのか、活かし方にはどのような例があるのかについて述べていきたいと思います。
 

企業において簿記資格が有効な理由

簿記の会計原則自体は法に規定されており、その会計原則に基づいて会計処理が出来るということはすなわち損益計算書や貸借対照表などを紐解くことが出来ることに繋がるからです。

確かに、損益計算書や貸借対照表の分析手法自体はそれ程日商簿記2級・3級では重要視されていません。
しかし、損益計算書や貸借対照表に記載されている勘定科目の意味が読み解けなければ損益計算書や貸借対照表を分析できるとは言い難いのが現状です。

そのため、勘定科目を知り簿記の原則を知るという意味で簿記2級・3級は非常に有効なのです。
 

企業における簿記資格の活かし方

第1に、経理部に所属することです。
経理部に所属したいと思うのであれば、絶対に簿記資格は取るべきでしょう。

簿記資格を持たない経理担当者は今の時代では少ないです。
経理に異動したいと考えた時に、そのアピール方法として簿記2級・3級を取得するというのは大きな一つの手段になりえます。

第2に、経理部以外においてサービスの付加価値を向上させる手法です。
たとえば、営業部の方であれば直接的に簿記に触れることはなくとも、簿記に則り数字で取引先を説得することが出来ます。

これは他者との差別化になります。

簿記は非常に汎用性の高い資格でありツールです。
そのため、活かそうと思えばどのような部署であっても活かすことが出来ます。

簿記資格を取得する際には、簿記資格の知識をどの様にして活かすのかを考えながら勉強をすると良いでしょう。 

 

日商簿記検定カテゴリの最新記事