簿記を取得して稼ごう!簿記を活かせる具体的仕事と年収

簿記を取得して稼ごう!簿記を活かせる具体的仕事と年収

簿記資格の取得を目指す方は、仕事や就職、キャリアアップに活かそうと考えている方がほとんどです。簿記の知識を持っているということは大きなアピールポイントになります。

では、簿記を取得したら具体的にどのような職業に就けるのでしょうか?また、その年収はいくらぐらいなのでしょうか?

今回は簿記3・2・1級を取得した場合に就ける具体的な職業や、その年収、資格を取得するメリットを紹介していきます。

この記事を読んで、簿記検定へのモチベーションにつなげましょう。

1、「簿記」とは?

簿記の資格には3種類あり、日商簿記、全商簿記、全経簿記があります。全商簿記は主に、商業高校の生徒向けの簿記検定です。全経簿記は主に、経理事務志望の専門学校生が目指す簿記検定です。この中で最も就職・転職に強く、知名度が高いのが日商簿記です。日商簿記について詳しく見ていきましょう。

(1)簿記を取得して身に着けられるスキル

簿記3級

簿記3級を取得すると個人事業や小規模事業の経理担当者として必要な知識を身に着けられます。具体的には、「簿記の基本原理」「基本的な試算表・清算表の作成」「仕訳」「基礎的な損益計算書・地賃借対照表の作成」といったスキルに加え、伝票や当座預金、売掛金元帳・買掛金元帳、手形、減価償却の種類、決算整理といった、より実践的なスキルが身に着けられます。簡単に言うと、会社などに置いてあるたくさんの書類の「帳簿の書き方」が理解できます。試験科目は商業簿記のみです。

簿記2級

簿記2級を取得すると3級で身に着けた簿記の手続きを土台として、中規模企業での経理業務に必要な知識を身に着けられます。また、商業簿記に加えて、基礎的な原価計算を含む工業簿記に関する知識を身に着けられます。この工業簿記は、工場など製造工業での会計処理に適用される応用簿記で、原料の仕入れから加工、製品の販売に至るまでの会計を扱います。2級を取得すれば、書かれた帳簿を読み取り、分析・診断して「経営に役立てる」ことができます。

簿記1級

簿記1級は、「極めて高度」なスキルが身に着けられると、検定を主催する商工会議所が位置付けています。1級になると、上場企業のような大企業に必要な、連結決算と言ってグループ会社全体の決算処理を行う業務に関わるスキルを身に着けられます。2級以下では簿記の基礎知識と実務能力が問われるのに対し、1級では会計の知識や理解力が問われます。また、外貨換算会計という海外企業との取引も視野に入れた問題も出題されます。簿記1級合格者には税理士試験の受験資格が与えられるのも特徴の一つです。

(2)簿記の試験日程と合格率

簿記検定3・2級は年に3回、6月、11月、2月に行われます。1級は6月と11月の年に2回です。合格率は次の通りです。

 3級2級1級
2018年11月43.8%14.7%9.0%
2017年11月40.3%21.2%5.9%
2016年11月45.1%13.4%9.3%

参照:日本商工会議所

ここから分かるように、3級と2級には難易度に大きな差があり、1級は合格率が一桁です。

2、簿記取得者が就ける具体的仕事

(1)簿記3級取得者

中小企業の会計職派遣の会計補助職、企業における経理補助が多いです。また、フリーランスの方も簿記3級を活かせます。フリーランスで仕事をしていて収入がある場合は、確定申告を行わなければなりません。その確定申告に必要なのが簿記3級の知識です。

(2)簿記2級取得者

正社員として中小企業の会計職や経理部門税理士や公認会計士の会計事務所、保険会社、証券会社、銀行など幅広い分野で働くことができます。また、株などを運用する財務部門などで活躍できるでしょう。さらには。経営関連のコンサルティング業務にも携わることができます。簿記2級を持っていると仕事の選択が格段に増えます。

(3)簿記1級取得者

上場企業の会計職将来の会計管理職候補として働くことができます。しかし、就職・転職の際に実務経験が求められるのも事実です。特に、簿記1級は子会社を持つ大企業が求人していることが多いので、連結決算処理の実務経験がある方が就活に有利なのです。

3、稼げる給料

上述したように、簿記の資格を取得することで職種の幅が広がります。では、簿記を取得し、それを仕事に活かしている人の年収はいくらぐらいなのでしょうか。今回は年齢別、性別別、実務経験年数別に年収を見てみたいと思います。

簿記2級以上取得者の年齢別年収

20代30代40代
500万円以下350~600万円600万円以上

財務・会計部門の男女別平均年収

男性女性
20代:408万円
30代:541万円
20代:356万円
30代:450万円

実務経験年数別平均年収

実務未経験者1年以上3年以上
250~350万円300~480万円350~650万円

このように経験値が高いほど年収も高くなるのは言うまでもありません。経理職の収入は働く条件や環境によっても違いがあります。また、外資系企業であれば簿記の資格+英語のスキル、会計事務所や税理士事務所であれば簿記の資格+税理士・公認会計士の資格を持っていれば更なるキャリアアップが見込めるでしょう。

4、簿記を取得するメリット

(1)応募できる求人が増える

簿記を持っていることで就活に有利になる業種があるのはもちろん、簿記を取得することで応募できる職種がさらに広がります。企業や法人で経理職に就ける他、簿記の知識に加え専門知識を備えれば、「ファイナンシャルプランナー」や「税理士」、「公認会計士」への道も開けるかもしれません。

(2)資格手当がもらえる

簿記取得に伴い、資格手当が支給される企業があります。資格手当とは仕事に活用できる資格を取った社員や、持っている社員に企業が支給する金銭のことです。企業としては資格手当を導入することで、資格取得による社員の能力向上や、資格取得者を増やして「多数の資格保有者を抱えた企業」として信用を得ることが狙いです。企業により支給額に差がありますが、平均すると以下の通りです。

1級2級3級
1,000~7,000円(月)1,000~5,000円(月)  なし   

簿記3級取得者に資格手当が支給されることはほぼないですが、1・2級を取得することで、月に1,000円以上支給している企業もあります。

5、サマリー

いかがでしたでしょうか。

簿記を活かした仕事やその給料について解説しました。簿記の取得は年収アップのみならず、自らのキャリアアップに繋がります。

簿記をまだ取得していない方は3級から、3級をすでに取得している方は2・1級、あるいは簿記の知識が使える別の資格にチャレンジしてみましょう。

6、まとめ

・簿記は級が上がれば上がるほど職種の幅が広がる

・簿記2級を取得すると、仕事の選択肢が格段に増える

・平均年収は実務経験年数と取得している級数により異なる

・簿記の取得でさらに上位の資格の取得にも繋がる

・資格手当がもらえる

▼こちらも合わせてご覧ください。

資格スクエアの鬼頭さんが稼げる資格について解説しています!

 

参照:どんな資格が稼げますか?

日商簿記検定カテゴリの最新記事