ビジネス会計検定は独学でも大丈夫?それとも予備校に行くべき?

ビジネス会計検定は独学でも大丈夫?それとも予備校に行くべき?

ビジネス会計検定の独学合格は可能。でも、合格後に活かすなら実務家に教わるのもアリ!

ビジネス会計検定は独学でも大丈夫?それとも予備校に行くべき?|ビジネス会計検定について | 資格試験対策なら資格スクエア

ビジネス会計検定は、最近メジャーになりつつある資格です。

その理由で最も大きいのは、資格取得によって身につく分析スキルが実務に活かしやすく使い勝手が良いというものでしょう。

2007年にこの試験が登場するまで、会計分析を主眼に置いた資格試験は無かったのですが、実際業務で一番求められるのは分析手法なのです。

しかし、それまで会計系の資格と言えば日商簿記検定や全商簿記検定のように、仕訳などを学ぶものが一般的でした。
これでは経理部の人くらいしか実務に活かせません。

そんなところに登場したビジネス会計検定は、非常に広い範囲で有効活用出来る、社会人にとってメリットのある資格といえるでしょう。

さて、そんなビジネス会計検定ですが、独学で合格することは可能なのでしょうか。

端的に言えば、可能です。

ビジネス会計検定ではインプットする知識と言うのはそれ程多くありません。
インプット、すなわちテキストベースでの勉強を早々に終えて、素早くアウトプットメインの勉強に切り替えれば短期合格も夢じゃありません

そのため、独学は十分に可能と言えるでしょう。

しかし、合格のみに主眼を置かず、実務への活かし方もしっかり学びたいのであれば、独学ではなく予備校に通った方が良いというのも事実です。

また、より短期で決めたいというのならば予備校に通う方がよいでしょう。

予備校は合格に直結するカリキュラムを組んでいますから、テキストの無駄が省かれて効率的な学習が可能になっています。
市販のテキストにはまだまだ無駄が多いのが現状です。新しい資格と言う事もありますが、あらゆる資格試験において、テキストと言うのは基本的に無駄が多いものなのです。

合格に直結した勉強をしたいなら、予備校に通い、講師が重点を置くポイントに絞るのがベストでしょう。

また、ビジネス会計の講師は実務家が多い傾向にあります。

実務家と言うのは、つまりは会計分析などによって収入を得ている人です。
こういった人から直々に学ぶことで、資格試験だけで終わらず、その先の実務でも役立つスキルが身につくことが期待出来ます。

つまり、実務で使えるかどうかはあまり気にせず、短期合格の必要がない場合には独学が、実務で使う事を重点においていたり、短期合格したいと言う方は予備校に通った方が良いということです。

資格スクエア式ビジネス会計検定講義も、実務に携わっている講師による、将来的に使える知識の身につく講義になっています。

ビジネス会計検定カテゴリの最新記事