ビジネス会計検定で、社会ですぐに使えるスキルを手に入れよう

ビジネス会計検定で、社会ですぐに使えるスキルを手に入れよう

ビジネスパーソンなら知っておきたい、企業分析の手法を身につけられる

ビジネス会計検定で、社会ですぐに使えるスキルを手に入れよう|ビジネス会計検定について | 資格試験対策なら資格スクエア

ビジネス会計検定の勉強で身につく力は、社会で即戦力になるようなスキルと言えるような力です。

よくある質問として、「ビジネス会計検定は簿記検定と似たようなものではないのか」という声があります。
確かに、会計系の資格であることや財務諸表を扱うという点では同じかもしれませんが、しかしこの2つには大きな違いがあるのです。

それは、データそのものを処理するのか、それとも既に処理されたデータを活用するのかという、学ぶ内容の違いです。

ビジネス会計検定では、分析手法を学ぶことになります。

たとえばとある企業を分析するとしましょう。
売上も利益も伸びていて、一見するとかなり好調に思えますが、もしかすると莫大な借金を抱えて行った投資のおかげでしかなく返済リスクが高いかもしれない……という企業です。

そのどちらなのか判断するには、利益の伸びが資産に見合うものなのかを分析していく必要があります。

分析の際には、与えられた数値を式に当てはめ自ら指標を作成することになりますが、その作成には分析手法が求められるのです。

企業を分析するというスキルは、会社に勤める社会人であれば誰しも持っておきたいものといえるでしょう。
そういった意味で、ビジネス会計検定はすぐに使える力を身につけられる資格といえます。

一方、日商簿記のメインとなる仕訳では、一つ一つの取引にいおける財務諸表の適正な作り方を学びます。
これも仕事で役立てることのできる重要なスキルで、財務諸表を読み解くにあたって作成方法がわかっていると分析の深度もグッと高まるでしょう。

実際、ビジネス会計検定だけを取得した人の中には、簿記検定で学ぶ勘定科目がわからず分析で詰まってまうというケースもあります。

ビジネス会計検定と簿記を一緒に取った方がいいと言われるのはこのためです。

そう考えてみると、ビジネス会計検定と簿記検定はお互いに必要な知識を補い合っている試験と言ってもよいかもしれません。
分析の際には作成のスキルが役立ちますし、作成の際にも分析のスキルがあるとスムーズに進むでしょう。

ただ、どちらの資格を先に取れば良いのかという問題では、より即時的に使えるスキルが手に入るビジネス会計検定からが望ましいと思われます。

ビジネス会計検定カテゴリの最新記事