ビジネス会計検定は転職や就職に有利?

ビジネス会計検定は転職や就職に有利?

実務に活かせる資格だから、即戦力をアピール出来る

ビジネス会計検定は転職や就職に有利?|ビジネス会計検定について | 資格試験対策なら資格スクエア

ビジネス会計検定を持っていると、就職や転職を有利に進められるのでしょうか。

結論から言うと、実務に「活かせるか」「活かせないか」ということによって変わってくるため、持っているだけでは有利な資格とはいえないでしょう。

そもそも資格とは、持っているからどうこうというものではなく、それが取得出来るだけの知識やスキルがあり仕事に活かせるからこそ評価されるのです。
日本の面接では人物評価が基本になるため、たとえどんなに難しい試験に合格していても、重点的にみられるのは人物像といってよいでしょう。

司法書士や公認会計士など難関資格に受かっていても、面接官や人事部がそれを知らなければいまいち意味はありませんし、ビジネス会計検定はますます知名度が低いためネームバリューにはなりにくいです。

しかし、ビジネス会計検定で得られる力は基礎的な分析手法です
これは実際に仕事で使いやすく、業務でのシナジーも発揮しやすいでしょう。
たとえば自分が「私は○○と言う実績を残しました。これは、ビジネス会計検定2級・3級で学んだ△△の分析を活かして××の様な手法を取ったことによって達成できました。」などということを言われたら、きっと強い説得力を感じられると思います。

また、これは転職の際にも有効です。
普通、転職が成功して他の企業にいけるようになったとしても、本当に使える人材になるには時間がかかります。
企業には企業ごとで形作ってきた、ノウハウやシステムがありますから、それに順応するということはすぐに出来ることではありません。

このとき役に立つのがビジネス会計検定で、学んだことを活かしているということは新たな企業でより早く戦力になれるということになるのです。

学んだことを活かせるというのは、企業にとって一番のポイントとも言ってよいほど重要です。
知識のアウトプットが出来ていて、実務にそれを活かせそうな人ほど企業がほしがっている人材なのです。

資格マニアにならず、なぜそれを取得したのか、今後どう活かしていくのかということをはっきりさせてこそ、ビジネス会計検定検定をアピールすることが可能になります。

ビジネス会計検定カテゴリの最新記事