ビジネス会計検定は転職や就職に有利?

ビジネス会計検定は転職や就職に有利?

ビジネス会計検定を持っていると、就職や転職を有利に進められるのでしょうか。

1 ビジネス会計検定は転職に有利か?

結論から言うと、実務に「活かせるか」「活かせないか」ということによって変わってくるため、持っているだけでは有利な資格とはいえないでしょう。

そもそも資格とは、持っているからどうこうというものではなく、それが取得できるだけの知識やスキルがあり、仕事に活かせるからこそ評価されるのです。

日本の採用面接では人物評価が基本になるため、司法書士や公認会計士など、どんなに難しい試験に合格していても、重点的にみられるのは人物像といってよいでしょう。

しかも、ビジネス会計検定は知名度が低いため、面接官や人事部がそれを知らなければネームバリューにはなりにくいと考えられます。

2 ビジネス会計検定は即戦力になる

しかし、ビジネス会計検定で得られる力は基礎的な分析手法です。
これは実際に仕事で使いやすく、業務でのシナジーも発揮しやすいでしょう。

たとえば自分が「私は○○という実績を残しました。これは、ビジネス会計検定2級・3級で学んだ△△の分析を活かして××の様な手法を取ったことによって達成できました。」などと言われたら、きっと強い説得力を感じられると思います。

また、これは転職の際にも有効です。

普通、転職に成功したとしても、転職先で戦力となるまでには時間がかかります。企業には企業ごとに形作ってきたノウハウやシステムがあるため、すぐに順応できるわけではないでしょう。

このとき役に立つのがビジネス会計検定です。
学んだことを活かせば、新たな企業でより早く戦力になれるのです。

学んだことを活かせるのは、企業にとって一番のポイントとも言ってよいほど重要です。
知識のアウトプットができ、実務に活かせる人こそ企業が欲しがっている人材なのです。

資格マニアにならず、なぜそれを取得したのか、今後どう活かしていくのかをはっきりさせてこそ、ビジネス会計検定検定をアピールすることが可能になります。

ビジネス会計検定カテゴリの最新記事