ビジネス会計検定は今、人気の資格!

ビジネス会計検定は今、人気の資格!

ビジネス会計検定は他の有名な資格に比べると新しい資格ですが、短期間で取得を目指せることで人気を集めています。

1 ビジネス会計検定で身につく「分析」手法

人気の大きな理由は、実務で使えるスキルがピンポイントで学べるというところにあります。
ビジネス会計検定で中心となるのは分析手法です。実際出題されるのは、財務諸表の分析に関することが主となります。

世の中に多く存在する分析手法を学ぶことは、広い領域で活躍できる可能性を広げることになるでしょう。分析はあらゆる場面で使える手法なのです。

ビジネス会計検定2級・3級で出題されるのは、分析手法の基礎とされる部分です。
基礎と聞くと少々気が抜けるかもしれませんが、実は最も大切であることは想像に難くないでしょう。
基礎がわかっていれば応用力がつき、多くの指標の意味やリスクもわかるようになります

基礎をしっかり学べるということは、ビジネス会計検定の大きなメリットです。

2 ビジネス会計検定は幅広く仕事で使える

分析手法を学ぶさらなるメリットとしては、幅広く仕事で使いやすいということもあります。

ビジネス会計検定とよく比較される簿記検定では、損益計算書や貸借対照表などといった書類作成のプロセスを知り、自分で作れるようになることが到達目標とされています。

もちろんそれも大事なスキルで、そういった書類を理解し分析するには、作成もできるべきであることは言うまでもありません。しかし、実際に書類作成をする仕事は限られています。仮に作成スキルを身につけたとしても、直接活かせる場面は少ないと思われます。

その点、分析手法はさまざまな分野で活用できるスキルといえます。
財務諸表は企業が外部に公開するものです。それを分析することは、営業先のニーズを上手く捉えたり、競争相手の弱みを狙い撃ちしたりすることに繋げられるでしょう。

仕事で直接活用でき、なおかつ広い範囲で活かせる、そんなスキルを身につけられるのがビジネス会計検定なのです。

さらには、ビジネス会計検定と併せて簿記検定などを受験し、さらに関連知識を得ていくのがベストであると言えるでしょう。

ビジネス会計検定カテゴリの最新記事