資格スクエア式ビジネス会計検定2級・3級講義はより実務的

資格スクエア式ビジネス会計検定2級・3級講義はより実務的

実務家の公認会計士による『ポイントを絞った講義』で、実務に活かせる力を学ぶ

資格スクエア式ビジネス会計検定2級・3級講義はより実務的|ビジネス会計検定について | 資格試験対策なら資格スクエア

資格スクエアのビジネス会計検定2級・3級講義では、実務に今でも携わっている鈴木祐太講師に登壇いただいております。

鈴木講師は現在、鈴木公認会計士・税理士事務所の代表を務めているコテコテの実務家です。
そのため講義で伝える知識はより『活きる』ものになり、実務でも使いやすいでしょう。

そもそもビジネス会計検定では、簿記検定など従来の会計系資格に比べて実務チックなことを学ぶのが特徴です。
簿記検定が企業を内部から分析し、内部の情報を外部に公表するための資料である財務諸表を作成するのに対し、ビジネス会計検定では分析手法によって対象企業の状況を外から数字ベースで導き出す力を養うことになります。

求められる力がどちらかは部署によって異なりますが、基本的には後者の方が多くの場面で必要になるでしょう。

そう考えてみると実務でのニーズがより強いといえるのはビジネス会計検定の方だと考えられます

とすると、ビジネス会計検定の受験勉強は実務を見据えたものになるのは言うまでもありません。
そのため実務重視のそれを教える人間も、実務に携わったことのない講師一筋の方よりも、実務経験のある、出来れば今の社会でもまだ現役で働いている方であってほしいと思われるのではないでしょうか。

資格スクエアではそういった理念から、今も活躍されている鈴木講師をお呼びしているのです。

鈴木講師の講義スタイルは、『ポイントを絞った講義』です。

少しでも効率を高めるためにマーカーの入れ方から工夫したり、実務家ならではの具体例を多く取り入れたりと、非常にわかりやすい講義が特徴的です。
学習するポイントを絞り、それに関する事例を取り入れるといったスタイルといえるでしょう。

社会人の方でも学生の方でも、自分がその職に就いていない限り『会計』という存在は、あまり近く感じられるものではありません。
数字の羅列、ひたすら計算……などというイメージが強く、なかなか身近に思いにくいものです。

鈴木講師の講義はここにおいて、ビジネス会計検定を受験するにあたって皆様が『会計』に親しみを覚えるための大きな助けになるでしょう。

数字にどんな意味があるのか、会計制度にはどのような意義があるのかということを鈴木講師と一緒に学ぶことで、会計のことがよりわかりやすくなると思います。

ビジネス会計検定カテゴリの最新記事