知財検定2級・3級はどのくらい難しい?

知財検定2級・3級はどのくらい難しい?

合格率は安定しないが、着実な学習を重ねれば誰でも合格を狙える!

知的財産権管理技能検定、通称『知財検定』。

今日の日本では知的財産の問題を無視出来ない状況まできているため、、知財検定の受験者数も年々増えて非常に重要な資格になってきています。
現在は約2万人が受験する人気資格であり、ニーズも高まっているといってよいでしょう。

知財検定の2級・3級は、実技と学科に分かれた科目の両方で、満点の70パーセント以上の点数を取ることが合格の条件とされています。
1級となるとハイレベルな問題が出てきますが2級・3級では基本的な問題がほとんどであるため、司法試験などのように身構える必要はないでしょう。

誰でも適切な勉強を積み重ねれば十分合格出来ますし、短期合格したいのであれば予備校などを利用するのも1つの手段です。

ただ、難易度が安定せず、試験が行われるたびに変わるという特徴があるので合格率を一概に知ることは難しいでしょう。
実際、ここ3年の合格率も大体、

・2016年3月実施試験  2級学科:37% 2級実技:51% 3級学科:62% 3級実技:65%
・2016年7月実施試験  2級学科:49% 2級実技:57% 3級学科:66% 3級実技:60%
・2016年11月実施試験  2級学科:56% 2級実技:42% 3級学科:68% 3級実技:55%
・2017年3月実施試験  2級学科:48% 2級実技:32% 3級学科:64% 3級実技:71%
・2017年7月実施試験  2級学科:47% 2級実技:56% 3級学科:68% 3級実技:71%
・2017年11月実施試験  2級学科:37% 2級実技:48% 3級学科:66% 3級実技:61%
・2018年3月実施試験  2級学科:37% 2級実技:53% 3級学科:54% 3級実技:69%

というように変わり続けています。
とはいえ出題内容は基礎的なものが多いため、テキストを読み込み、過去問や問題集で対策をしておけば基本的には合格出来るでしょう。

しかし専門的な問題も多数出題され、勉強を始めたばかりの頃はなかなか理解出来ないという特徴もあります。
ほとんどの仕事では業務上取り扱わないような分野も出るため、試験内容が身近でない人には難しく感じられるのも事実でしょう。

また暗記しなくてはならないことも多くあるので、法律分野に苦手意識がある方や業務で知的財産権に関わっていない方は勉強に詰まってしまうかもしれません。
独学で合格出来るレベルではありますが、必要に応じて予備校やオンライン講座を利用するとよいでしょう。

実技試験は記述式で行われるため、国語力に自信のない人も外部の手段を使った方が合格しやすいと思われます。

知財検定の難易度はそこまで高くなく、初心者でも勉強すれば受かるくらいのレベルです。
年に3回試験が実施されることもあり、もし落ちてしまったとしてもモチベーションを保ったまま再受験出来るでしょう。

合格を確実にするには、しっかり対策する必要があります。  

 
ビジネス会計検定は、社会人なら是非ともとっておきたい資格!ビジネス会計検定の難易度はそこまで高くない?|ビジネス会計検定について | 資格試験対策なら資格スクエア

ビジネス会計検定2級・3級の難易度は総じて簿記2級・3級と同じレベルの内容となっています。

 

しかし、ビジネス会計検定2級・3級は受験勉強を通じて身につく力が、より実務に活かしやすいという特徴があります。

 

ですから、社会人の方であればビジネス会計検定2級・3級は是非とっておきたい資格と言えるでしょう。

ビジネス会計検定の2級・3級では損益計算書や貸借対照表の分析手法を学びますが、簿記検定では基本的にはその処理方法を学ぶことになります。ビジネス会計検定2級・3級はその意味で非常に大きなメリットがあります。

また、ビジネス会計検定2級・3級の難易度は簿記検定の2級・3級とほぼ同じですが分析手法そのものは体系化されているため、出題の方法も同じようなものになりがちです。そのため、過去問やアウトプット中心の勉強がメインになります。この点で、ビジネス会計検定2級・3級は独学の合格も夢じゃありません

しかし、大切なのは資格そのものではなく取った後のことですよね。

実際、実務で使えるという観点からビジネス会計検定を受験される方が一般的です。取得後の活用を重視する場合は独学や、また合格を経て公認会計士になっている人に教わるよりも、損益計算書や貸借対照表の分析に今まさに業務で関わっているバリバリの実務家に教わる方がいいかもしれません。そこを考えると、予備校に通うのもアリでしょう。

また、資格スクエア式ビジネス会計検定2級・3級講義の講師も現在実務に携わっているため、より合格後の仕事を見据えた講義となっています。

ビジネス会計検定2級・3級は比較的新しい資格ですが、その重要性・実用性から急速に知名度が広がっています。取っておいて損はありません。
また、難易度的にも他の資格に比べれば、そこまで高くもなく長い時間をかけずとも合格することが可能です。中には何年も勉強しないと合格出来ない資格もありますが、ビジネス会計検定ならしっかり勉強すれば短期決戦で受かるでしょう。
何より魅力的なのは、難易度の割に実務に活かせるポイントが高いということです。

もちろん実務に繋がるかどうかは職種によります。経理部の方はビジネス会計検定よりも簿記検定の方が近いフィールドでしょうし、取ったからといってすぐさま活かせるものとも限りません。

しかし、ビジネス会計検定で身につく力は多様な場面で役立ちます。ビジネス会計検定を受けることで、将来就くかもしれない職種に結び付くスキルを磨けるかもしれないのです。

知財検定カテゴリの最新記事