知的財産管理技能技能士と弁理士の違いは?

知的財産管理技能技能士と弁理士の違いは?

知的財産管理技能士検定、通称「知財検定」は、弁理士試験と混同されやすい資格です。

確かに、知的財産の専門家であることを証明する国家資格という意味ではどちらも同じでしょう。
しかし両者には違いがあり、2つの資格を保有することによって相乗効果を生むことも可能なのです。

1 知財検定と弁理士試験の違いとは

まず、弁理士は独占業務を有する国家資格ですから、企業の依頼を外部から受けるという特徴があります。
つまり弁理士と企業は別々の存在で、企業にとってはあくまで「他人」でしかないということになりがちです。

一方、知財検定は独占資格ではなく、国家資格とはいえ技能検定であるため、証明されているものは等級ごとの実力です。
また、知財検定の対象は企業内部に務めている人ですから、知的財産管理技能士は企業のことがよくわかっているという証明にもなるのです。

この点において、弁理士の方が知財検定を受験すべきだといえるでしょう。

2 知財検定と弁理士試験の相乗効果

知財検定は、弁理士を目指している人にとっても有意義な資格です。

弁理士試験は国家資格の中でも超難関レベルで、いきなり勉強を始めてもすぐに挫折してしまうでしょうし、固い決意を持っていたとしても高度かつ膨大な試験内容によってやる気を削がれることになるでしょう。

しかし弁理士試験の前に知財検定を受験することにより、知的財産に関する法律の基本事項を広く浅く知っておけば、弁理士の全体像を把握した上で試験勉強に取り掛かることができるのです。

まったく知らない状態と、なんとなく知っていることがある状態では全然違いますから、結果的に勉強を挫折しにくくなるでしょう。

このように、知財検定と弁理士試験は大きく関わっているのです。

知財検定カテゴリの最新記事