知財検定の資格は就職や転職に有利?

知財検定の資格は就職や転職に有利?

経験に裏付けされた能力は、多くの企業が強く求めている

知財検定の受験者には、就職活動を控えた学生や転職を考える社会人の方が少なくありません。

実際のところ、知財検定の資格は企業にとってどれくらい重視したいものなのでしょうか。
知財検定のホームページでは資格取得を推奨する企業の一覧として、旭化成やキヤノン、三菱東京信託銀行といったそうそうたる名前が連なっています。

つまり企業が資格取得を支援するほど、企業にとって知財検定、つまりは知的財産管理技能は重要なものなのです。

もっとも、日本の基本的な採用活動は人物重視ですから、知財検定に限らず資格をとるだけで就職・転職出来るというわけではありません。
しかし有利にはたらくというのは確かでしょうし、実際に知的財産管理に長けた人物は日本にまだ不十分とされています。

市場価値・希少価値の高い知的財産管理技能士を、企業は求めているのです。

そんな知財検定資格を活かして、就職や転職を有利に進めるためには戦略が重要になってきます。
自らが相手企業に適しているという理由に知財検定を含め、自分のキャリアやこれまでの経験に合わせて組み立てていきましょう。

自分のアピールポイントと知財検定を組み合わせることで、企業に印象付けていくことが必要です。

知財検定カテゴリの最新記事