知財検定は学生のうちに受けておいた方がいい!?

知財検定は学生のうちに受けておいた方がいい!?

国家試験の中では受けやすく、需要も高い知財検定を受験しない理由はない

知財検定は一般的に、知的財産権に仕事で携わっている社会人や弁理士になりたい人が受けるもの、といった認識を持たれています。

確かに1番のターゲットはその人たちなのですが、しかし現代の社会は、誰もが知的財産の管理に関わっていかなくてはならない状況になっています。
周囲には商標権や特許権など知的財産権だらけで、知的財産に関して学ぶことは今、非常に重要になってきているといえるでしょう。

学生だから学んでも意味がない、などということは決してありません。

まず、知財検定3級の問題は一般常識に近い出題がされています。

もっともマナーなどのようなものではなく、特許権や著作権など知的財産に関する一般常識です。
たくさんある知的財産権の特徴をそれぞれ大まかにおさえていくのが3級の内容で、これを学んでおけば世の中の見方が変わるでしょう。

知的財産管理技能検定は、知的財産に関するゼネラリストの資格なのです。

また、知的財産権をきっちり管理していくことは日本経済にとって非常に重要ですが、実際問題それが出来る人材というのは日本に不足しています。
知的財産権の侵害は企業にとっても消費者にとっても悪影響を及ぼします。

社会的な観点においても企業的な観点でも、知的財産に明るい人というのは需要が高いのです。

3つ目の理由は、その受けやすさと合格しやすさです。
弁理士など国家試験には難しいものも多い中、知財検定3級は難易度的にそこまで高くなく、最短1か月独学でも合格可能という資格なのです。

また、知的財産権に関する知識を広く浅く得られることから、知的財産権の世界への第一歩としてぴったりでしょう。

知財検定カテゴリの最新記事