知財検定を受けるメリットは?~マクロ的視点編~

知財検定を受けるメリットは?~マクロ的視点編~

日本の国力である技術力を守るため、知財検定は大きな役割を担っている

知財検定の受験勉強をし、試験を受けることには大きな意義があります。

いくつかのメリットが存在するのですが、ここでは視点を大きくしてマクロ的な意味から見ていきましょう(ミクロ編はこちら)。

さて、今の日本における『力』とは、どんなものを指しているでしょうか。
海底資源の採掘計画はあるにはありますが、実際問題では日本が天然資源だけで国際競争に勝てるなどという話は夢のまた夢でしょう。

日本の強みは、技術力に他ありません。
今の日本にある様々な技術は他国からも多くの注目を集めているのです。
だからこそ、日本の競争力を維持・拡大するためには技術をしっかり保護することが必要になるのですが、今の日本では技術流出が当たり前のように起きてしまっています。

理由の1つは、技術者がそもそも海外に出てしまっているということで、これに関しては手の打ちようがないでしょう。
技術者自身の決定を阻止する権利は原則として国にありませんし、技術者を流出させてしまったのは日本企業の過失ともいえます。

人材の流動性については、防ぐことが非常に難しいのです。

一方、第2の理由ですが、こちらは知財検定にも深く関わる問題です。

端的にいうと技術が盗まれている問題で、取り分け「盗んではいけない技術」である、日本で特許化されている技術が外国で盗用されていることが問題とされています。

特許とはそもそも、技術の保護と同時に技術の発達を目的としています。
原則、特許はその仕組みや技術が公開されるのですが、それによって新たな技術の誕生を促進するというはたらきがあります。
が、適正な保護をしなければ公にされた技術を不正利用する企業や個人を止められず、技術力を流用されてしまうかもしれません。

そのため、そのリスクに対処出来るような知識を備えた人物の存在は、技術力に支えられる日本にとって不可欠なものだと言えるのです。
知財検定はその点において、日本の国力を保護するための大きな役割を担っていると考えられるでしょう。

また最近では、ネット上での著作権侵害が多発するなどして、知的財産権をめぐる問題は増え続けています。
知的財産権の適切なマネジメントのため、日本の競争力の源泉である高い技術を守るため、知財検定の知識を身につけておくことは日本国民としてとても大切なことなのです。

知財検定カテゴリの最新記事