経済的自由は規制目的に応じ、異なる2つの審査基準が用意されている。

経済的自由は規制目的に応じ、異なる2つの審査基準が用意されている。

経済的自由は規制目的に応じ、異なる2つの審査基準が用意されている。

行政書士試験の出題科目の1つである憲法では、「基本的人権の尊重」を基本原理としています。
基本的人権には「精神の自由」「経済活動の自由」「身体の自由」などが含まれ、私たちが生まれながらに持っている権利をあらためて定めているのです。

では、この「経済活動の自由」つまり「経済的自由権」について見ていきましょう。

職業選択の自由

日本国憲法22条1項には「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する」とあり、国民がいかなる職業を選んでも良いという「職業選択の自由」や、実際にその職業によって経済活動を行う「営業の自由」が保障されています。

この「経済的自由」ですが、思想の自由を保障する「精神的自由」に比べると強い規制を受ける傾向があります。

たとえば、政府に対して批判的な報道を制限する(=表現の自由を規制する)と、国民が正確な情報を知ることが出来る可能性が低くなり、仮に政府が不正を行っていたりした場合にも、選挙でそれを正そうとすることも出来なくなります。
ですから、立法を審査する裁判所は表現の自由を規制する立法の場合には、綿密な審査や積極的な介入が求められてくるのです。

また、経済的自由に対する規制をしようとする際には法的知識だけでなく、社会的及び経済的な専門知識が要求されます。
これに対して表現の自由は比較的、政治的見地による政策的判断の必要性が低いため、裁判所に違法判断をする能力や適格もあるというわけです。

二重の基準

上記のようにして、精神的自由に対する規制と経済的自由に対する規制を異なる基準によって違憲審査を行うことは「二重の基準」と呼ばれています。
この概念が、精神的自由に比べて経済的自由の方がより強い規制を受けやすいという状況を生み出しているのです。

さらに、経済的自由は規制目的に応じ、異なる2つの審査基準が用意されています。

行政書士カテゴリの最新記事