基準割引率と基準貸付利率(公定歩合)

基準割引率と基準貸付利率(公定歩合)

行政書士試験の出題科目である一般知識等科目では、経済についての出題があります。

金融

経済分野で得点するためには、日本銀行の業務や金融政策を押さえることが必須です。
日本銀行は日本の中央銀行で、景気調整のために貨幣の供給を調節する政策を行うことが役割です。

具体的な政策としては公開市場操作や法定準備率操作、法定準備率操作、基準割引率および基準貸付利率操作があり、好況期には過熱を抑制する政策を、不況期には景気を刺激する政策をとり、金融市場の資金を調整しているのです。

公開市場操作

日本の景気調整のため、国債等を市場で売買することでマネーストックを調整する政策です。

民間銀行が日銀から国債等を買い取り日銀は銀行へ貨幣を支払うという買いオペレーションをすると市場の貨幣が増加し、日印は国債等を売って銀行が代金を支払うという売りオペレーションをすると市場の貨幣が減少するという仕組みです。

法定準備率操作

別名、支払準備率とも言われる法定準備率ですが、これは法令で定められている銀行の預金に占める、日銀に預ける比率を言います。
法定準備率操作では、この法定準備率を変えることでマネーストックを調整するのです。

法定準備率を引き下げると銀行が自由に出来る貨幣が増加し、マネーストックは増加します。
反対にこれを引き下げると銀行が使える貨幣は減るため、マネーストックも減るという仕組みです。

基準割引率および基準貸付利率操作

基準貸付利率は『公定歩合』という名称の方が使われているかもしれません。

基準割引率および基準貸付利率とは、民間銀行が中央銀行から貨幣を借りる際に支払う金利で、これが低いほど銀行は貨幣を借りやすくなります。
このため、基準割引率および基準貸付利率を引き下げることによって銀行の借り入れが増加し、マネーストックは増えるのです。
反対に引き下げると銀行の借り入れが減少するため、必然的にマネーストックも減るというわけです。

行政書士カテゴリの最新記事