行政書士の業務 〜「裁判外紛争解決手続(ADR)」

行政書士の業務 〜「裁判外紛争解決手続(ADR)」

行政書士の中には多数の業務をこなしたり、独自に横のつながりを作ったり、所属する行政書士会の研修を受けるなどの方法で特定の分野に深く関わり、スペシャリストとして活躍をする方がいるという話をしてきました。

前章でお伝えした後見制度に加えて、スペシャリストとして働く行政書士の例をご紹介します。

1 裁判外紛争解決手続(ADR)とは

訴訟手段によらない民事上の紛争解決のための手続きである「裁判外紛争解決手続」を業務とする行政書士がいます。この場合は、訴訟の前段階での調停人として、行政書士ADRセンターで活躍することになります。

ADRとは「Alternative Dispute Resolution」の略で「裁判外紛争解決手続」という意味です。

行政書士ADRセンターは、裁判所以外での新しい紛争解決の方法を探るべく、ADR法(法務省から一定の条件を満たした機関に認可を与え、その機関での事案について、一定の法的効果を認めるとするもの)に従い、法務省の認可の元で、調停人として新しい紛争の解決方法を確立するため、特に次の4つの分野に関して取り組んでいます。

(1)外国人の職場環境・教育環境に関する紛争
(2)自転車事故に関する紛争
(3)愛護動物(ペットその他の動物)に関する紛争
(4)居住用賃貸物権に関する敷金返済または現状復帰に関する紛争

従来の裁判は、こじれて時間がかかってしまいやすいものでしたが、話し合いに主眼を置いた「調停」という新しい方法で、よりスピーディーに紛争の解決を図ろうとしているのが、行政書士ADRセンターなのです。

多くの行政書士が依頼者の訴訟代理人として、どのような場合でも最大限依頼者のために争うことを目的に、研修を受け、トレーニングを積んでいます。

2 行政書士の“身近さ”が武器になる

近年、「法律の抜け穴」という言葉を良く耳にしますが、「抜け穴」がある以上、今の法律では規定しきれていない業務や、手助けが必要とされる分野が増えていることは間違いありません。

町の法律家である行政書士は、業務のカバー範囲が広く、フットワークが軽いからこそ、すぐに「抜け穴」の現場に駆けつけ、困っている人を助けることができます。こういう役割こそが、これからの法律職に求められているといっても過言ではないかもしれません。

近頃は、スピード命の営業方針で売上を確保しているような民間企業が多くあるわけですから、行政書士の身近さ、身軽さが武器になることも理解しやすいのではないでしょうか。

身近な法律の専門家として、今後ますます行政書士の活躍分野は広がっていきそうですね!

↓↓↓勉強のやり方を間違っている暇はない!!行政書士試験対策↓↓↓

幅広く活躍する法律の専門家になろう!

行政書士カテゴリの最新記事