理解を深めるために有効な方法として、関連事項をお互いに比べる。

理解を深めるために有効な方法として、関連事項をお互いに比べる。

法律を理解する、というのは単に条文や結論を覚えることではなく、どうしてその条文や制度が出来たのか、何故その結論になったのか、というのを考えられること

行政書士試験を受けるために、法律の勉強は必須です。
法律分野の勉強は細かいところから詰めていくよりも、まずは全体像を把握してから部分部分を見ていくやり方が理解しやすいでしょう。

また、抽象的な概念である法律を具体的なものとしてイメージしたり、実際起きた問題などにも目を向けて複眼的な視点を養うことも必要です。
法律的に物事を判断出来る、「リーガルマインド(法的思考力)」を身に着けるよう心がけましょう。

では、行政書士試験に向けた受験勉強のポイントを調べてみましょう。

暗記ではなく「理解」を目指す

勿論、覚えないことには理解出来ませんから、暗記をしなくて良いわけではありません。

しかし暗記して終わり、という人が多いのです。
法律を勉強する際には覚えるだけではなく、理解するところまでを目指すべきでしょう。

法律に限らず、勉強というものは「暗記」と「理解」のどちらも欠けては成り立ちません。
「暗記した上での理解」「理解した上での暗記」を目指し、自分の言葉で物事を説明出来るようにするのです。

法律を理解する、というのは単に条文や結論を覚えることではなく、どうしてその条文や制度が出来たのか、何故その結論になったのか、というのを考えられることを言います。
基本原理や原則、重要判例の理由付け、条文の立法趣旨などを押さえながら学習を進めていきましょう。

比較することが重要

理解を深めるために有効な方法として、関連事項をお互いに比べるというものがあります。

共通する点や異なる点を見つけたり、またその点はどんな理由に基づいているのかということに目を向けながら学習していくのです。
こういった勉強方法は暗記の面でも役に立ち、学習したことを忘れにくくしてくれることもあります。

勉強のバランスを考える

行政書士試験には沢山の科目があります。
どれだけ勉強時間を取れる人でも、毎日全ての科目に取り組むのは相当厳しいでしょう。

合格するためには、科目間の点数にバラつきがあってはいけません。
全ての科目をバランスよく得点出来るよう、勉強を始める前に、どの科目にどれくらい時間をかけるのかなどを明確にするようにしましょう。

行政書士カテゴリの最新記事