行政書士の基本的な仕事は他人の依頼を受けて書類作成をすること

行政書士の基本的な仕事は他人の依頼を受けて書類作成をすること

必要な手続きを1ヶ所の事務所で全て出来るワンストップ・サービスが必要とされる今、行政書士の仕事はますます広がっていく。

国家資格の1つである行政書士ですが、試験に合格して資格を取得することが原則、行政書士としての仕事をすることが出来ます。

しかし、そもそも行政書士はどのような仕事をする人なのでしょうか?
また、資格を取得した後の流れはどのような感じなのでしょうか?

受験勉強のモチベーションを高めるにも、ちょっと調べてみましょう。

行政書士の仕事

「行政書士」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、具体的にどんなことをしているのかを知っている人はなかなかいないのではないでしょうか。

行政書士は国家資格であるということは前述の通りですが、それを定めているのが行政書士法です。
この行政書士法に、行政書士の業務内容も定められています。

基本的な仕事は他人の依頼を受けて書類作成をすることで、それによって報酬を得ます。
作成する書類の種類は3つ。官公署に提出する書類、権利義務に関する書類、事実証明に関する書類です。

また、同じく他人の依頼を受けて、作成した書類を官公署に提出する際の手続代行、契約書などの代理作成、書類作成の相談に応じるなどといったことも出来ます。

行政書士の資格を取得したら

従来の行政書士は個人個人が事務所を設置して、それぞれの個人事務所として独立開業するという方法が一般的とされていました。

ですが近年この傾向が変わってきていて、必ずしも個人での開業を選ぶというわけでも無いようです。
複数の行政書士が集まって共同事務所や行政書士法人を設立し、行政書士間の上司・部下が生まれたり、他の行政書士の下について実務を請け負う人も増えてきているのです。

また、合同事務所と言われる、他の士業の人と共に事務所を構えるケースも増加傾向にあります。
税理士や社会保険労務士、司法書士などが主な他士業で、必要な手続きを1ヶ所の事務所で全て出来るワンストップ・サービスが必要とされる今、行政書士の仕事はますます広がっていくでしょう。

合同事務所は市民にとって便利であるのは勿論、事務所経営の面から見ても安定していると言えるのです。

行政書士カテゴリの最新記事