商法は営利目的で経済活動を行っている企業を規律する法律

商法は営利目的で経済活動を行っている企業を規律する法律

商法は営利目的で経済活動を行っている企業を規律する法律

行政書士試験の出題科目である商法では、商業について詳しく定められています。

前ページまでは、会社の設立や組織、運営などについて規律する法律である会社法について見てきました。
株式会社を設立する流れなどがありましたが、しかし商業を行うのは会社や企業だけではありません。

個人経営の店もたくさんありますし、店の看板を掲げていなくても、個人間で何かを売ったり買ったりすることもあるでしょう。

商法では、会社以外の商行為についても定めているのです。

商法総則と商行為

行政書士試験において、商法総則・商行為の分野はほぼ毎年1問出題されています。
出題されない年もあるのですが、言葉の意味を中心に押さえておけるとよいでしょう。

商法は民法の特別法でもあり、民法と比べる必要のあるところも多いと思います。
民法ではこのように規定されていたのに商法では違うことを言っている、などのようにややこしいこともあるでしょう。

この見分けをしっかり出来るようにするためにも、商法総則・商行為については深い理解が求められるのです。

商法は何故あるのか

そもそも、どうして商法というものが存在しているのでしょうか。
売買契約については民法で詳しく規定されているのですから、商法が商法として独立しているのは何か意味があるでしょう。

商法は、企業に関する法律とされています。
ここにおける企業とは、個人企業や会社など、広く営利目的で継続的な活動をするものを指します。
営利目的はすなわちお金儲けのことで、経済活動によって利益をあげることを目的としているものです。

つまり、商法は営利目的で経済活動を行っている企業を規律する法律ということです。

行政書士カテゴリの最新記事